双子・発達障害児の育児ブログ

7歳双子(女女)育児中の専業主婦です。自閉症スペクトラム、知的障害の我が子達の様子や施設の口コミ、書評などのブログです。よろしくお願いします。

第2章 ワークX

ワークX こちらは、オプションなので、未実施でもOKです。

 

今、現在、あなたは家計簿をつけていますか??

月々、いくら支出があり、いくら収入を得ているか、把握できていますか??

 

ぼんやりとしかわからない方は、一度しっかりと具体的な数字を把握した方がよいと思います。

忙しい毎日に翻弄されていると、お金の管理ってついつい忘れがちではないですか?

一度、時間を取ってでも、はっきりとさせた方がよいかとおもいます。

 

私は、リタリコライフプランにて、将来のシュミレーションをしてもらいました。

ライフステージが変わるタイミングで面談を組んでもらえるので、それ以降にかかるお金なども細かく計算してもらえます。

*リタリコライフは、無料の勉強会、無料で相談が可能ですが、スタッフは保険会社からの紹介料をもらってなりたっているようです。(現在は発達ナビプラスのインカムも多そうですが…。)ですので、保険を勧められた場合には、慎重になった方がいいかと思います。

 

ネットで簡単にシュミレーションもできるみたいです。

こちらも試してみてください。

https://www.matsui.co.jp/event/simulator/

 

https://miraisim.iction.jp/

 

定年後…お金足りますか?

 

我が家は、リタリコライフのスタッフさんのお話や、Youtubeで学んで外貨の運用を始めました。

びっくりするぐらいの利率です…。銀行に預けていたらこんなには増えなかったでしょう。

 

投資信託もやっていますが、月々1万円投資して、3年経過した現在+11万円まで跳ね上がっています(2021.2月現在)。コロナショック時は一気にマイナスになりましたが、年数をかけるとプラスに戻ります。経済成長って2050年までは確実に!確実にあがり続けるそうです。ですので、今から30年は、運用した方がリターンが取れるそうです。銀行に預ける時代は終わっているのです。(リタリコさんからの受け売り)心配な方は、インデックス投資と債券を買うと、絶対にはマイナスにならないので、おすすめです。(私の知識は、こちらの中田あっちゃんのYouTube大学で学んだものです)笑

https://www.youtube.com/watch?v=bi_WFrOYhgg

 

あと、中田あっちゃんの動画のおすすめ貼っておきますね☆

https://youtu.be/HumEpqOb3HA



https://youtu.be/7QqqQWZYzhs



昭和な考えだと、お金を増やす=働いて稼ぐ…になってしまい勝ち…。

令和は違います。

時間をかけて、お金に自動で働いてもらう方法があります。(先ほどの投資信託もそう)

今、私がおすすめするならば…ココナラやクラウドワークス、ランサーズなど技術を売る仕事で自分のできることで稼ぐという方法。それは、あなたの時間の切り売りではなく、技術の向上になりうるでしょう。

会社に雇われずに働く方法を模索していく方が今後100年時代を生きるために必要な事だと言えるでしょう。

 

お金の話なので、私個人からはあまりお話しませんが、こんな増やし方もあるよという感じで覚えておいていただけるといいかなと思いました。

 

追記☆

 

色々な方とお話していて、私の情報収集力がすごいとお褒めいただきました。

自分では全く意識していなかったのですが、たしかに、情報収集は自然とやっていたなと思いましたので、その方法をご紹介したいと思います。

 

1、インスタグラムをインストールしてください。またはYoutubeでもOK。

 

2、今、気になっていることを検索してみてください。

  私は、最近、『配線隠し』と検索しました。

  そして、『♯配線隠し』でフォローします。

  そうすると、自分のホームに、配線についての情報が流れてきます。

 

3、その情報が不要になったら、ハッシュタグフォローを解除します。

  次に解決したいことをまたハッシュタグフォローします。

 

このように『自分の興味関心』についてアンテナを立てておくことで、目にする回数が増えて、解決しやすくなります。

この方法は、インスタグラムが一番やりやすいなと感じています。

 

Pinterest というサイトもインスタのように情報が詰まっています。

 

他にこんな情報収集の方法があるよ~というものがあればぜひ教えてください~^^




著作権;

こちらは、著作権放棄しておりません。再配布及び営利目的でのご利用はご遠慮ください。

個人での利用に限り、HTMLメールでのご利用・印刷物としてのご利用をしても構いません。