syuhutago25’s diary

5歳双子育児中の専業主婦です。子どもは毎日が新しい!発見を共有します☆

発達障害児の病院探しはお見合いである!検索方法は3通り!

こんにちは、ゆうです。

目次

 

本日は、『発達障害児の病院探しはお見合いである!検索方法は3通り』というテーマでお届けします。

 

病院選びは、『お見合い』です。

あなたは子どもの発達障害を相談する時に、どんな先生に出会いたいですか?

・悩みを話しやすい先生

・発達障害児の専門知識をわかりやすく解説してくれる先生

・子どもへの働きかけがうまい先生

 こんな先生に出会いたくありませんか?

 

逆に

・『お母さん考えすぎですよ』と軽くあしらわれる。

・相談時間が短く、事務的。

・子どもへキツイ言い方をする。

このような先生には出会いたくないですよね?

 

発達障害児を診てくれる病院、先生は全国に沢山います。

お見合いほど選択肢は多くありませんが、多くの中から自分に合いそうな人を探す作業は、まさにお見合いと同じですね。

f:id:syuhutago25:20190819000844j:plain

 

私は、子どもたちの3歳児検診で『病院へ行って診断名もらってくださいね』と言われた日のことをよく覚えています。

”発達障害と診断がついてしまったショック”と

”病院を探さなきゃという焦り”

正気を保っていられなかったな…と振り返ると思います。

 

数年前の私と同じように、

・どの病院へ行ったらいいかわからない!

・いい先生に出会って、適切な対応を受けたい!

と思っているあなたへ、病院探しの方法をお伝えします。

 

 

この記事を読んでいただければ、

・検索方法がわかり、発達障害児を扱う病院が見つかる

・安心して子どもの状態を相談できるお医者さんに出会える

・適切なアドバイスをもらえ、親の不安も軽減される

でしょう。

 

①かかりつけの小児科、または検診の時のお医者さんに紹介してもらう。

 

風邪を引いた時に行ってる小児科に相談してみましょう。

元々、大学病院まで行っている場合であれば、『スムーズに〇〇先生紹介しますね』という流れになる場合もあります。

町医者にかかっている場合は、まずは病院を紹介してもらいましょう。

 

また、検診の時のお医者さんから病院を紹介してもらったほうがスムーズな場合もあるので、覚えておきましょう。

 

 

②病院ナビで検索する。

『近くのお医者さんは、おじいちゃん先生で頼りない…』

『ちょっと聞きづらいな』

など思った場合には、インターネットで病院を検索してみましょう。

 

クリニック・診療所・医院・病院検索 【病院なび】

 

1.お住まいの地域の入力

2.フリーワードに『発達障害』または、具体的に『自閉症』と入力しましょう。

3.検索ボタンを押す。

 

 

③『児童精神科』『発達障害専門外来』で検索する。

近年、発達障害を取り扱う病院やクリニックは増えてきていますので、病院ナビでは取りこぼしがあるかもしれません。

 

『児童精神科 お住まいの地域』

『発達障害専門外来 お住まいの地域』

と入力し、検索をかけると候補がでてくると思います。

 

病院へかかる時の注意点

◆自宅からの距離を考慮しましょう。

 

いい先生がいた!と思っても、通院に何時間もかかっていては疲れてしまいます。

(遠距離恋愛も大変ですよね?(笑))

これから1か月に1回~数か月に1回お世話になるので、通いやすい場所を選びましょう。

また区役所の手続きに、時々『診断書』が必要になります。

そういった場合にも、すぐに取りに行けたほうがいいですよね。

 

◆最低でも2つの病院に行ってみましょう。

 

先述しましたが、病院選びはお見合いです。

いい先生に出会えるまで、最低でも2つ、できれば3つの病院へ行ってみましょう。

ママのできる範囲でゆっくりで大丈夫ですよ。

 

 

まとめ

発達障害児の病院探しには、3通りありました。

1、小児科の先生の紹介

2、病院ナビで検索

3、『児童精神科、発達障害専門外来』検索

一生涯お世話になる可能性もあるので、真剣に選んでいきたいですよね。

 

 

もし上記以外にも、よい方法があればコメントしていただると助かります。

 

 

今回の記事はいかがでしたか?

 

 

Twitterでは、子育て中の気づき、子どもへの言葉かけ方法を毎日発信しています。

よろしければ、フォローいただけると嬉しいです。

mobile.twitter.com