syuhutago25’s diary

5歳双子育児中の専業主婦です。子どもは毎日が新しい!発見を共有します☆

癇癪中の子どもの対応

次女はひどい癇癪持ちでした。

 

「でした?」

 

そうなんです、今は本当に別人のように変わりました。

 

一度思った事が通らないと、そこから動かない、よくスーパーにいる地べたでバタバタやってるまさにあーゆー子どもでした。

 

当時はかなーり困りました…

 

しかし、いいのか悪いのか、まだ長女がいやいや期に入ってないし、抱っこしていればおとなしかったので、地べたでバタバタを静観できていました。

 

こちらが怒っても、さらに怒りだすので、安全な場所に移動して、少し気持ちが落ち着くのをひたすら待ちました…。

 

そして、そのタイミングで

 

「次女ちゃんは、これが欲しかったのね。したかったのね。ママにだめって言われて悲しかったね。悔しかったね。」

 

とだけ言います。

 

こどもがそこで、「うん、欲しかったの…悲しかったの…」と言えるようになっていればもう大成功です。

 

自分の気持ちをわかってくれた…という満たされた気持ちがあれば、「諦める」という選択肢が出てきます。

 

これは本当です。

 

 

 

 

大人でもそうだと思います。

 

誰かにすごいムカつくこと言われたとき…

 

友達に愚痴ったら、

 

友達が「えー!それはむかつくよねー!」と同調してくれると、安心して、「でしょー!!でも、私もあれがわるかったのかもだけどね。」と自分の非を言えたりするものです。

 

もしそこで友達が「でもさー、あなたも悪いんじゃない?」と言ってきたらどうでしょう?

 

そんなことない!と反論したくなりませんか?

 

 

 

 

こどもがやりたいことと、子どもの気持ちを言うだけで絶対に前進します。

 

保証します。

 

ほんとにイライラして無理!ってときは、引きずってでも、無言で連れて帰ってオッケーだと思います。

 

これは余裕があるときだけやりましょう。

 

少しでもイライラしながらやると子どもに伝わり、また子どもも反抗してきますので。

 

絶対に気持ちに余裕があるときだけ!

 

これが重要です。

 

頑張りすぎずに!

 

大丈夫、一年後には絶対に子どもはまた違うお兄ちゃんお姉ちゃんになってます(*^^*)