syuhutago25’s diary

5歳双子育児中の専業主婦です。子どもは毎日が新しい!発見を共有します☆

子どもが風邪を引いて痰がゴロゴロしていたらやること2つ

あまりここでは触れていませんでしたが、自分は元医療従事者です。

 

医療の現場では当たり前にやる方法ですが、子育ての現場で見ないなーと思ったので、ぜひ皆さんにやってほしいな、そして、お子さんの風邪が重症化しないでほしいなと思い、書きました。

 

 

風邪を引いたとき、なんか喉のあたりで痰がゴロゴロいってるときありませんか?

 

大人でしたら「かーーーぺっ」と親父臭く吐き出せるかもしれませんが、子どもはそうはいきません。

 

起きているときは、咳したりして、喀痰できるのですが、問題は寝ているときです。

 

寝ているときに、その痰を放置していると、熱が出たり、肺炎になります。

 

そうならないような方法をご紹介します。

 

1.寝返りをさせる

 

仰向け→横向き→うつ伏せと、寝返りを介助してあげます。

 

寝ている間に、肺の中の異物が重力で下に下がるので、寝返りによって、上に持ってくるイメージです。

 

そうすることで、異物が肺から気管支に向かい、痰が出しやすくなります。

 

 

2.背中をトントン軽く叩く

 

肺の中にある異物は、するっとは取れません。

 

肺の中は空洞ではなく、こまかーい網状と思ってください。

 

トントンと叩くことで、徐々に徐々に異物の場所を移動させます。

 

写真載せられればいいのですが、見つからないので、見つかったら載せます。

 

 

専門用語で、これらを「体位ドレナージ」、「喀痰方法 タッピング、スクイージング」といいます。

 

この通りに検索すれば、やり方詳しく出てくると思います。

 

我が子が肺炎にならないように。

 

痰は放置しないようにしましょう。