syuhutago25’s diary

5歳双子育児中の専業主婦です。子どもは毎日が新しい!発見を共有します☆

面倒な掃除が3分で終わる方法~家事の時短方法Vol2~

お部屋の掃除ってできればしたくない家事ですよね。

 

子どもが増えると、おもちゃも増えるし…飲み物をこぼすし…紙屑が散乱してるし…(延々)

 

毎日の掃除が大変…というママさん達に読んでいただけたらいいなと思います。

 

結論から申し上げますと、やることは3つあります。

 

①物の定位置を決める

②決まらない場合は、とりあえずBOX(大き目のもの)を買う

③お掃除ロボットを購入する

 

これでだいたい毎日の掃除が3分で終了します。

 

①物の定位置を決める

 

まず、リビングを見渡してみましょう。

 

床の上に何がありますか?

 

おもちゃ?服?本?

 

それらの定位置は決まっていますか?

 

今一度確認してみましょう。

 

一度、定位置に戻してみてください。

 

入りきらないものはありましたか?

 

 

②定位置の決まらないものは、捨てるorとりあえずBOX(大き目のもの)を買う

 

定位置が定まらないということは、物の持ちすぎなのかもしれません。

 

私は、捨てられるタイプなのですが、そういう人ばかりでないと思います。

 

そのような方は、大き目のとりあえずBOXを購入して、棚に収納してしまいましょう。

 

この2つをやることで床面積は広くなりましたか?

 

床面積が広くなったら、次にいきましょう。

 

 

③お掃除ロボットを導入する

 

お掃除ロボット、本当に優秀です。

 

最近のものは、少しの段差なら乗り越えてしまいますからね。

 

大きな段差も感知して落ちないように調整してくれます。

 

この2つがあるとリビングはピカピカになります。

 

こちらは、掃除機の役割。

 

 

 

こちらは、クイックルワイパーのような役割です。

 

拭き掃除を自動でやってくれます。

 

本当にピカピカになります!!

 

*注意*

 

1つだけ注意したいことがあります。

 

それは、【コード類】です。

 

コード類をひっかけると止まってしまい、お掃除が完了しません(泣

 

お掃除ロボットを購入したら、コードは床に置かないように工夫しましょう。

 

 

我が家では、お掃除ロボットに『カイロ』という名前までつけて可愛がっています(笑)

 

本当に優秀で、可愛いやつです(笑)

 

このお掃除ロボットがきたことで子どもたちの行動にも変化がありましたのでご紹介します。

 

毎朝、お掃除ロボットの開始ボタンを押してから幼稚園へ向かいます。

 

すると、子どもが自主的に、床に落ちてるものを定位置に置いてくれるようになりました。

 

『カイロが吸い取っちゃうからね』と言いながら、片付けをするようになりました。

 

若干カイロを怖がっているところもあるのかな?(笑)

 

家を出る時に、お掃除ロボットを開始しておくと、帰ってくるころにはお掃除が完了しています。

 

(時々、机の下で止まってたりしますが…。

 

そういう時は、机の下で止まらないように椅子を置いたり工夫してます。)

 

 

以上、面倒な掃除が3分で終わる方法でした。

 

下準備に時間かかりますが、準備してしまえばあとはお掃除ロボットがやってくれるので簡単簡単!

 

お掃除ロボット、導入してみませんか?

 

 

今日も、お疲れ様でした(^^)/

 

よろしければ、Twitterフォローもよろしくおねがいします。

mobile.twitter.com