syuhutago25’s diary

5歳双子育児中の専業主婦です。子どもは毎日が新しい!発見を共有します☆

発達障害児のなぜ?を1分で解決する方法

こんにちは、ゆうです。

 

目次

 

今日は、『発達障害児のなぜ?を1分で解決する方法』についてお話したいと思います。

 

発達障害児を育てていると不思議に思うことってありませんか?

 

たとえば…

・どうして、ぐるぐる回るんだろう?目が回らないのかな?

・どうして、バイバイする時、手のひらが逆向きなの?

・どうして、帽子をかぶりたがらないんだろう??

・どうして、決まった道しか通らないんだろう?

 

そのような、どうしてできないの?どうしてこんなことするの?

日常で数え切れないほどあると思います。

f:id:syuhutago25:20190824095739j:plain

 

我が子の場合、

極寒の真冬でも、ジャケットを着ませんでした。

親は風邪を引いてはいけないと思い、着せたいのですが、かたくなに着ないのです。

泣き叫ぶほどにジャケットを嫌っていました。

 

すぐにお医者さんやなどに相談できればいいのですが、

すぐに解決法が知りたい!ってことありませんか?

 

手軽に、すぐに情報を手にする方法があります。

不思議に思ったら、すぐにこの方法を試し、解決できる可能性があります。

 

この記事を読めば、

・発達障害児の情報を手軽に入手できる。

・現在の子どもの困りごとをすぐに解決できる。

・困りごとを解決することで、安心して暮らすことができる。

 ことができます。

 

ぜひ、最後までお付き合いください。

 

 

①リタリコ発達ナビで困りごとを検索する。

日本最大級の発達障害に関するサイトです。

トップページはこちら。

LITALICO発達ナビ | 発達障害ポータルサイト

f:id:syuhutago25:20190824171924j:plain
f:id:syuhutago25:20190824171933j:plain


 

 

矢印部分をクリックすると、このような画面に出ます。

 

こちらの『検索』をクリックして、

不思議だなと思ったことを打ち込んでみましょう。

 

『ドライヤー』『洋服 着ない』などを入力すると、先輩ママの実体験や解決法が沢山出てきます。

 

また、こちらの『親子のヒント』では、困りごとに関して、専門家の解説が載っています。

f:id:syuhutago25:20190824173600j:plain

私は、暇さえあればこちらの記事を読んでいました。

 


検索して、解決策が出ない場合には、Q&Aで直接聞いてみましょう。

全国の先輩ママさんがすぐに返信してくれます。

 

こちらのサイトを通して、自分の子どもは『肘関節の感覚過敏(肘に洋服があたると痛みを感じるor気になってしまい生活に支障が出る)がある』ということを知ったのです。

このように、子どものなぜには原因があることを知ると、親の考え方も変わります。

 

私は、子どもに無理にジャケットを着せることを諦めました。

(代わりに半袖下着を3枚重ねたりして対応しました)

子どもに痛みを与えたい親なんていませんもんね。

原因がわかると、親の対応も変化し、子どもの笑顔も増えます。

 

f:id:syuhutago25:20190824175346p:plain

ちょっと不思議だなと思った時や、すぐに解決法が知りたいという時にお勧めです。

 

そのほか、手軽に発達障害児のなぜ?を調べる方法があります。

 

②SNSでハッシュタグを使って検索する。

Twitter、Facebook、インスタグラムで『♯発達障害』または具体的に『♯自閉症』と検索してみましょう。

全国の発達障害児のママさんのリアルな声を聴くことができます。

 

 

③Peatixで講演会を探す。

Peatixというアプリをインストールしましょう。

Peatix: Tools for Communities and Events | Peatix

色んなイベントや講演会がまとまっているアプリです。

発達障害児向けのイベント、講演会も沢山あります。

実際にイベント会場へ向かうのもいいのですが、ネットでの閲覧も無料または有料でできることもあります。

 

まとめ

発達障害児のなぜ?を解決する方法は、リタリコ発達ナビ、SNS、Peatixを利用するというお話をしました。

 

なぜ?を解決すると、子どもにまた一歩近づける気がします。

日常を笑顔で過ごすことが増えると思います。

将来、子どもが子ども自身の『できない』『どうして自分はこうなんだ?』に向き合う時が必ずきます。

子どもが小さい今から解決法の情報を貪欲に取っていくことは、子どもの未来を明るくするのではないかなと思います。

 

ゆっくりで大丈夫です。

子どもが笑顔でいられる毎日、そして自分自身で問題解決できる未来。

素敵だと思いませんか?

 

 

今回の記事はいかがでしたか?

 

 

Twitterでは、子育て中の気づき、子どもへの言葉かけ方法を毎日発信しています。

よろしければ、フォローいただけると嬉しいです。

mobile.twitter.com