syuhutago25’s diary

5歳双子育児中の専業主婦です。子どもは毎日が新しい!発見を共有します☆

年間78時間の自由時間と18700円手に入ったら何をしますか?~家事の時短編Vol.1~

 

こんにちは、ゆうです。

目次

今日は『家事の時短方法』のお話したいと思います。

今日の夕飯何しよう…

洗い物が溜まっている…

休みの間に掃除機かけたいのにやる気も起きずにかけられない…

そんな家事に追われる毎日を送っていませんか?

 

私も、1年前まで家事育児を試行錯誤しており、今日が何曜日なのかもわからないぐらい忙しかったです。

自分の時間は全く取れず、ストレスフルな生活を送っていました。

 

しかし、現在では、色んな主婦目線のアイディアを厳選して自分に合うものを生活に取り入れることにより、自分の時間を確保することができています。

 

前回は、このような便利な方法もあるよというのをご紹介していますので、そちらも参考にしてください。

www.syuhutago25.com

 

この記事を読んでいただければ、

・家事の時間を好きな時間に充てられます。

・好きな時間が増えることで、ママ精神状態がよくなります。

・親が笑顔になることで、子どもも笑顔になります。

 

逆にこの記事を読まなければ、

・年間最大78時間を無駄な家事に費やすことになります。

・好きな時間を確保できず、イライラが溜まる。

・イライラが溜まり、子どもも癇癪が強くなる。

などが予想されます。

 

ぜひ、最後までお付き合いください。

 

 

家事育児を頑張っているあなたへ質問です。

Q、毎日行っている家事で、一日2回(朝、夕として)、5分程度の家事と言えばなんでしょうか?

 

A、答えは『皿洗い(手洗い)』です。

f:id:syuhutago25:20190830091330j:plain
今日は、この皿洗いについてお話したいと思います。

(後日、料理と掃除についてお話しますね。)

 

◆1日2回、5分と計算して、この家事に1か月・1年間でどれぐらい時間を取られているでしょうか?

考えたことありますか?

 

≪皿洗いの実態≫

月に4.6時間

年間で56時間!

⇒2日間かけても、皿洗い終わらないんです!!

 

1回5分と計算しましたが、家族や世帯数が多くなれば、7分ぐらいかかることもあるでしょう。

7分と計算すると…

年間で、78時間!

⇒3日かけても、皿洗いは終わりません(笑)

 

もしも…

この3日間の78時間をやらなくてもいいよ!

僕が代わりにやっておくよ!というご主人がいたらいいのですが…

いるはずない………ですよね?【いたら拝みたい】

 

 

もうあなたは何に頼るかわかっていますよね?

そうです、『食洗機』です!

やはり、人間に頼るとロクなことないので、ここは機械に頼りましょう。

 

◆機械に頼るのを躊躇している理由

どうせ予洗いが必要なんでしょ?

タッパーは入れちゃダメでしょ?

電気代かかるんでしょ?

 

そんな声が聞こえてきました。

 

答えは、

⇒最近の食洗機は正しい置き方をすれば予洗いも必要ありません。

タッパーを洗う機能もあります!(低温コースと言います)

⇒実は、手洗いの方がガス代水道代がかかるのです!

 

f:id:syuhutago25:20190830100216j:plain

引用元;https://panasonic.jp/dish/simulation.html

 

食洗機は、年間で、18700円の節約になるのです。知っていましたか?

 

◆我が家で使用している家電紹介

我が家は、キッチンが極狭なので、調べた中で一番小型のものを購入しました。

 

この家電を導入後の 

◆メリット

・手荒れがなくなった。(冬はアカギレがひどかったです。)

・洗剤、電気代、ガス代、水道代の節約になった。

・時間に余裕ができて、子どもと遊ぶ時間が増えた。

・食後の『皿洗わなきゃ…』という気持ちから解放されてストレスフリー!

 

◆デメリット

・我が家の場合ですが、調理スペースが狭くなりました。

(料理編でお伝えしますが、我が家は調理スペースがなくても全く困りません。

ですので、我が家の場合はデメリットなし!)

 

◆まとめ

年間78時間の自由時間と18700円を確保するためには、『食洗機』の導入をしよう!というお話をしました。

初期費用の元は必ず取れるコスパの良い商品だと思います。

 

まだ躊躇する理由がありますか?

誰のために、家電を買いますか?

自分のため、何より家族のためです。

 

もし、悩んでいる方がいらっしゃいましたら、コメントやDMください。

 

 

今回の記事はいかがでしたか?

  

Twitterでは、子育て中の気づき、子どもへの言葉かけ方法を毎日発信しています。

よろしければ、フォローいただけると嬉しいです。

mobile.twitter.com