双子・発達障がい児を育てています!

5歳双子育児中の専業主婦です。子どもは毎日が新しい!発見を共有します☆

長女の変化。生活がラクになってきた。

こんにちは、ゆうです。

 

目次

 

 

今日は、最近の長女についてお話したいと思います。

親でもわかるぐらいにすごく変化したなぁと思います。

 

我が家の長女

H26生まれ 低出生体重児

3歳で知的障害、自閉症スペクトラムと診断されました。

 

◆発達指数の変化

これが一番わかりやすいかなと思うので、出しておきます。

 

2歳9か月時 DQ40前半

3歳9か月時 DQ49

4歳9か月時 DQ54

5歳7か月時 DQ61

 

40前半から61って!

DQってそれほど変わらないよ~って聞いてたので、驚きの数値w

 

◆体力、体幹、巧緻性改善

かなり、体幹がよくなったと思います。

ふにゃふにゃしてたから、転びやすかったけど、今ではしっかりしました。

こける時も、うまくこけられるようになりました。

前は、手が出ずによく顔面から転んでました…。

 

体幹と肩が鍛えられたと同時に、手先が改善して、

はさみが使えるようになったぁぁあああああ!!!!

 

いや、これは、本当に嬉しかった。

半年前に『ハサミが使えるように』とOTさんのリハビリをお願いしたのが功を奏しました。

OTさんは、『手先は後。まずは、体幹から鍛えましょう!』と言ってくれたのがすごくよかった。

私の中で、鍛える順番が違うんだ!と気づかせてくれたんです。

 

 

◆工作嫌いだった長女が毎日工作や絵を描くように…

最近、道具が使えるのがうれしいのか、

毎日毎日、ハサミとのりを使って、絵を描いて、折り紙切って貼って…

工作が楽しそうです。

そういう子どもらしい姿が見られて…本当に嬉しいです。

 

f:id:syuhutago25:20191224055839j:plain

 

こんなにも全身運動って大事なんですね。

すべてに繋がってきますね。

今、お子さんの事で悩んでる方に一番言いたいのは、

 

とにかく、公園で遊ぼう!!!!

 

公園で、子どもがやる動きを観察してみてください。

その動作が、今、一番子どもが伸びる動作です。

きっと、体幹、肩、肘、手のどこかしらを使って、がんばって伸ばそうとしています。

子どもが帰ろ~と言うまでは、ぜひぜひぜひ付き合ってあげてください。

 

◆コミュニケーションが改善した

とにかく、言語能力の改善が著しく、我が子だけど、研究対象にしたいぐらいでした(笑)

3歳でやっと『パパ』と話し始め、2語文と3語文が同時にで始め、今ではIQ95の次女よりもしゃべります。

そして、次女よりも表現がうまい。

本が好きだからか、言い回しがすごいうまいんですよね。

自閉症らしい一面も多々ありますが、言語能力だけでいえば、かなりいい線いってると思います。

 

◆コミュニケーションが改善して、お友達関係も広がった

自分から、お友達に話しかけにいくようになりました。

そして、最近、30分程度、男の子のお友達と公園で2人で遊ぶことができました。

大人の介入なしだったので、かなり驚きました!

 

 

まとめ

身体面、言語面などの改善がみられると同時に、DQも上がっていったのかなと思います。

決して、数値が大事とは言いません。

しかし、子どもが楽しく遊べたり、コミュニケーションが取りやすくなる=DQが上がっているのかなと思ったので、今回、数値を出させてもらいました。

 

もし、我が子は今、どこを鍛えるべきなのか…

どこを伸ばそうとしているのかわからないよー!

って方、いらっしゃったらLINE@の相談受け付けています。

もし、よければ、登録してお友達になってください(^^)/

 

 

友だち追加

 

 Twitterでは、子育て中の気づきを毎日発信しています。

よろしければ、フォローいただけると嬉しいです。

ゆう@発達障がい児×双子ママ (@syuhutago25) on Twitter