双子・発達障害児の育児ブログ

7歳双子育児中の専業主婦です。公立幼稚園→支援級→フリースクール。子どもの様子や発達障害についての情報を発信します。

【自閉症育児辛い…と感じたら】視点を変えると子どもの可能性は広がる

こんにちは、ゆうです。

 

今日は、『視点を変える大事さ』というテーマでお話したいと思います。

f:id:syuhutago25:20191226024341j:plain

目次

 

この記事を書いている私はこんな人。

発達障害・知的障害を持つ小1の双子女子を育てる母。元言語聴覚士。年間100冊以上のビジネス書や教育本を読み、日々、子育てをしながら、子ども達が過ごしやすい環境作りに励む。ママが一番幸せになることで、巡り巡って家族が幸せになることを証明します。将来は、発達障害児を育てるママさんが救われる場所やツールを開発・起業したい。

2021.4~東京⇒田舎へ教育移住しました!旦那は東京、私+子どもは地方。2拠点で生活!!発達障害児を育てる上での、教育移住についても発信していこうと思っています。

 

 

前々回の記事で『未来の育児』のお話をして、自分自身振り返ってみました。子どもの可能性を潰していないか?本当はこの子達は『なんだってできる』のではないか?そんな風に思ったのです。

 

www.syuhutago25.com

 

こんな方へ読んでいただきたい。

・生活習慣の中で『子どもはできないことが多い』と感じて辛い。

・子どもは何もできないから、導いてあげなくちゃいけない。

そんな風に考えている方へぜひ読んでいただきたいなと思います。

 

 

とある日の驚いた出来事

子どもは何でもできる!という視点で、一緒にお風呂に入ってみました。

いつもは、

『はーい、脱いでね~』

『は~い、髪洗うよ~』

『次、身体ね~。首良く洗ってよー』

という感じで、言葉かけをしていましたが、一切言葉をかけませんでした。

 

すると…

なんということでしょう!(Before After風に)

すべて、自分でできたんです!!たしかに、洗い残しとか、洗えてない箇所とかはありました。でも、声をかけなくても、すべての行動を自分自身でできていたのです!

f:id:syuhutago25:20191226024337j:plain



あれ…私は、いらない一言、二言を言っていた…?

特にうちの子どもたちはADHDが強いため、すぐに脱線してしまいます。

声をかけないと、遊びに夢中になってしまうのです。

ですから、私は『いつも先回りして』声をかけていたのです。

 

あれ…手伝わないと進まないと思っていたが…いつの間にか…

6歳になろうとしている今、子どもたちはできることが増えていたんですね…。できないできないとばかり思っていたことも、1人でできるようになっている。母親って毎日関わっているから、そういう変化に気づきにくい存在なんですよね。逆に、時々会う祖父母の方が、『もうこれもできるようになったの?』なんて、変化に気づきやすいのも頷けます。

 

『できる視点』で見ると、『できる』と『できない』がはっきりする。

今回、こうやって『できる視点』でお風呂に入った時、『できない箇所』がはっきりしました。

たとえば、

①背中が洗えていない

②手のひら全体で身体を洗えていない。(指先でこしょこしょしているだけ)

③髪の毛を拭く時に、全体を拭けていないのでポタポタ垂れてくる。

 そして、それが背中なので、なかなか気づきにくい。

という結果が得られました。

 

『できない』箇所は、作業療法士へ相談

『できない』箇所が浮き彫りになったので、これを作業療法士に相談することにしました。その結果は、また後日。

 

期待ではなく、視点を変えるだけ。

 

でも、できるって期待すると出来ないことが多すぎて落胆してしまうよ…きっと、そんな風に考えている方もいらっしゃるでしょう。できないという思い込みは、自分を守っている事にもなりますよね。ですので、週1回や隔週ぐらいこの考えで子どもと接するのがベストなのではないかと思いました。

f:id:syuhutago25:20191226024333j:plain



発達障害児ママは頑張りすぎている

障害名がついてしまっているため、気負いするのはわかります。

でも、『子どもの可能性は無限なんだ』と時々思うことは、

・子どもの可能性を広げる

・子ども自身が自分のできないに気づくチャンス

でもあると思うんです。

 

それだけ日本の母は他人に頼れていない

核家族が増え、子育ての指揮を執るのが母親だけになりがちな日本。色んな負のスパイラルに落ちてしまうし、子どもの変化にも気づきにくい状況を作っていますよね。このように視点を変えることの重要さを知っていれば、色んな人に育ててもらう、色んな人と接する大事さって見えてくるなと思いました。

 

まとめ

『できない』から『できる』という視点を変えることで、

・できない箇所を浮き彫りにする

・できる箇所を再確認する

・子どもの可能性を広げる

というお話をしました。

 

本当に、ママ達は毎日大変です。もっともっとママ達が自分の子どもの『できる』に向き合えるよう時間的余裕と、子育ては1人ではできないことを知って、助けを気軽に借りられる環境になればいいのになと常に思います。

f:id:syuhutago25:20190826014344j:plain



ママはいつでも100点満点!!今日も、頑張りすぎずにいきましょう!!!

 

今回の記事もよかったな~と思ったら、下のブログ村、ランキングをぽちっと押していただけると嬉しいです♪

 

 

お子さんのサポートブックご準備なさっていますか?

発達障害を疑ったことがある、発達障害と診断されたなら、まずはお子さんのサポートブック(トリセツ)を作りましょう!

言語聴覚士という専門家だったから言えることがあります。それは、発達障害児のママがお子さんの問題点や長所を把握できているかできていないかで伸びが全く違う…。

しかし、なかなかお子さんの問題点って見えにくいですよね。しかも、日常生活でいっぱいいっぱいでそんなものを作る余裕もない…。

そんなあなたへ、簡単に作れる!

世界で1つの我が子サポートブックフォーマットを無料でプレゼントしています!

>>>詳しくはこちらをクリック<<<

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

 


自閉症児育児ランキング

記事が参考になったと思ったら、押していただけると助かります。 

 

 

Twitterでは、子育て中の気づきやくすっと笑える日常を発信しています。

フォローいただけると嬉しいです。

ゆう@発達障がい児×双子ママ (@syuhutago25) on Twitter