双子・発達障害児を育てています!

5歳双子育児中の専業主婦です。妊娠期~幼稚園に入ってからの様子を発信します!

【育児/おススメ本・書籍】常識を常識と思うな!

こんにちは、ゆうです。

 

今日は、『常識を常識と思うな! 』というテーマでお話したいと思います。

 

【育児/おススメ本・書籍】常識を常識と思うな!

 

目次

 

常識に当てはめない

一昨日の記事で、凡人の考えを抜け出すには常識に当てはめないことが重要だという気づきがあったことをシェアさせていただきました。

こちらの記事参考ください。

www.syuhutago25.com

 

フィンランド教育がまさにそれだった

最近私はフィンランド教育に興味があり、片っ端から情報を集めているところです。

フィンランド教育に関する本でも、この【常識に当てはめない】が書かれてありました。

 

たとえば、小学校の授業で…

机は名詞?動詞?形容詞?

名詞です。

 

日本だったら…

大正解。よくできました。座っていいよ。

と言われるでしょう。

 

フィンランドでは…

どうして名詞なの?

と正解でも、間違っていても聞かれます。

フィンランドでは、どうして?を『ミクシ?』というそうですが、このミクシ?が頻繁に使われるそうです。

 

反射的な答えは求めない

たとえば、1+1=2だとしても、フィンランドではどうして?と聞かれるでしょう。

先生は、完璧な説明は求めていません。

なぜその子がそのように答えているのか、改めて考える機会を与えることが重要だと書かれていました。

このように行うことで、フィンランドの小学生たちは、『先生に理由を聞かれるから、考えておかなくっちゃ』と思うそうです。『なんとなく』は絶対に通用しません。

f:id:syuhutago25:20200105214505j:plain

そうすることで、子ども達の中で【意見ー理由】の回路が出来上がるのです。

 

当たり前をもう一度見直すこと

日本人はどこか『言わなくてもわかるだろ』とか、『屁理屈言うな』とか…

そんな言葉を多く使いがちですが…

フィンランドの子ども達は、小さいころから当たり前に理由を問われます。

当たり前が当たり前ではないのです。

理由は、人の数だけあるということに子どもの頃に気づくのです。

f:id:syuhutago25:20200104070322j:plain


そんな子ども達が大人になって子育てするようになったら、どうでしょうか。

きっと『そんなこと当たり前だろう!』と叱ることもないでしょうね。

 

 

今回、この本を読みました。

気になった方は、ぜひお手に取ってみたください。

図解 フィンランド・メソッド入門

図解 フィンランド・メソッド入門

 

まとめ

当たり前を当たり前と捉えない。

そんなことを子どもの頃から教育されているのが、フィンランド教育。

純日本産の私には、驚くことばかりでした。

まだまだ書きたいことが、たくさんあるのでまた次回にでも…。

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

  

最後にお知らせです☆

【発達障がい×双子の我が子の就学決定しました】

f:id:syuhutago25:20200119061423j:plain

小学校決定までに使った書類をまとめました!

◆チェックしていけば我が子の特性が理解できる『我が子のトリセツシート』
◆見本付き・書き込み式!生活の様子・基本情報シート。

 

就学時面談で聞かれる事すべてモーラしました!

これを準備しておけば、面談も怖くないです!

発達障がい児の持ち味を発見する力を養う育児方法

↑こちらからどうぞ。

 

 

 

Twitterでは、子育て中の気づきを毎日発信しています。

フォローいただけると嬉しいです。

ゆう@発達障がい児×双子ママ (@syuhutago25) on Twitter

 

ママはいつでも100点満点!

今日も、頑張りすぎずにいきましょう!!