双子・発達障害児の育児ブログ

6歳双子育児中の専業主婦です。妊娠期~幼稚園に入ってからの様子を発信します!

切迫早産で入院中のママへ

こんにちは、ゆうです。

 

目次

 

昨日、飲み会がありまして…(笑)、切迫早産の時の話がでたので、ここでも一度はお話したいなと思いました。切迫早産で入院しているママさん達に届いたら嬉しいなと思います。

 

もうすぐ6歳になる我が双子は、切迫早産の3か月入院を経て産まれてきました。もう6歳…と思うととても早いものですね…。

 

頚管長1・8mm!?

ある時の定期健診で、頚管長1・8mmだから、すぐに入院ね!と言われ…ショックを受けました。やっとツワリの辛さから解放されたのに、入院…しかも予定日まであと4か月も…と絶望を覚えました。

f:id:syuhutago25:20200201001917j:plain

頚管長0!?

個人の産院から、大学病院に移され、私のストレスはピークに達していました。頚管長はその頃0mmと言われました。おまたの所で、子どもの手がぐりぐり動いているのがわかりました…。

 

トイレに行けない1か月半…

f:id:syuhutago25:20200201002049j:plain

大学病院に行って、すぐに尿管を通され、便はベッド上オマルにしてね。の完全寝たきり状態でした。こんな状態でうん〇なんて出るかぁぁ!!!と思ってました。

 

少しずつお腹も大きくなってきて…

だいぶお腹の張りがよくなったけど、腰が割れそうに痛い…と思ったら、尿路感染、尿路結石を発症していました…。辛かったです。尿管入れているママさん達、これだけは注意していてもなる時はなります。お水を沢山沢山飲みましょう!

 

破水!?

だいぶお腹も大きくなり、『もうすぐ36週だね~頑張ってるね~』とドクターから声をかけられていたある日…破水しました。二人とも逆子だったので、命の危険が隣り合わせでした。なんとか、無事に帝王切開の手術を終え、二人の顔を見ることができ、ホッとして涙が出ました。

f:id:syuhutago25:20200201002239j:plain

そのあとが地獄だった…

二人分の腹圧がなくなり、内臓が一気にズドーンと下に降りる感じです。とにかく、股関節がイカレテしまいました…。そして、それとともに傷口の痛みが来ていて本当に満身創痍という言葉がぴったりでした。

 

寝たきりママさん達、これだけは知っておいてください。

f:id:syuhutago25:20200201002339j:plain

股関節を動かしてください。誰かに手伝ってもらってでもいいです。そうしないと、産まれた後、私のような地獄を味わいます。赤ちゃんの世話がとにかく大変でした。股関節をやられてしまうと、膝立ちができません。色んな体勢を取る時に支障をきたします。とにかく、股関節をぐるぐる回したりしてください!!!(お腹が張らない程度に…)

 

 

まとめ

切迫早産の入院は壮絶だということ…、そして、股関節の重要性を説明しました。一人でも多くの入院中切迫早産のママさん達に届きますように。本当に壮絶な妊娠でしたが、今では子どもが可愛くて可愛くて仕方がありません。きっと大丈夫、愛する我が子にもうすぐ会えます。それまでもう少し!頑張ってください!

 

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。