双子・発達障害児の育児ブログ

6歳双子育児中の専業主婦です。妊娠期~幼稚園に入ってからの様子を発信します!

【子育て中にイライラする時は…】子育ての固定観念に悩まされていませんか?

おはようございます、ゆうです。

 

目次

 

【子育て中にイライラする時は…】子育ての固定観念に悩まされていませんか?

 

今日は、突然ですが、子どもへの想いを綴ろうと思います。最近、この本を読みました。とても感動しました。私は、こんな風に育てたいと思ったんです。

 

 

私が読んだ本

amazonでは手に入らないので、写真で紹介しますね。

f:id:syuhutago25:20200213164305j:plain

私の大好きな前田裕二さんの本です。

 

人間には、必ず生まれ持ったギフトを持っている

前田さんは、人それぞれ生まれ持ったギフトをどのようにプロデュースしたら、その人が輝けるのかをテーマに、色んな方と対談しています。

なんと、この本、対談含め、印刷まで24時間で作ったそうです。

 

発達障害もギフト

私は、この本を読んで、次女の事を沢山沢山思い出しました。

次女は、IQは正常値。しかし、発達に凹凸、感覚過敏があります。心配性で、打たれ弱い…。知的障害がある長女よりも、次女の方が、私は生きにくいのではないか…と常日頃思っています。しかし、この本を読んで、この心配していた次女の発達障害すら彼女へのギフトなのではないかと思いました。

f:id:syuhutago25:20200213173814j:plain

 

人と違うことが心の底から1mmも怖くない

蜷川実花さんの言葉です。彼女は、昔から『周りと異なれ』と教育されたそうです。なんて素敵な言葉なのでしょうか。こんな風に堂々と、異なる道を突き進めるなんて…衝撃を受けました。

 

こうやって考えるんだよ→こういう考えもあるんだよ

次女には、『感覚過敏、心配性、打たれ弱い、こだわりがある』周りとは違うそんな特性があります。きっと神様からもらったギフトでしょう。

今まで、『こういう風に考えた方がいいんだよ』という声掛けをしていました。次女が将来、生きやすくなるように…将来、困らないように…願いを込めていたつもりでした。しかし、この本を読んで、次女の元々のギフトは、そのままに彼女が認識できるようにしようと思いました。神様のギフトを私が奪う権利はない…とそう思いました。

f:id:syuhutago25:20200213173936j:plain

 

 

自己肯定感を育てるとはこういうことか…

実際は、難しいかもしれませんが、『(次女)ちゃんの気持ちは、そのままでいい。何も恥じることも、臆することもない。ただ周りは、こうやって考える人が多いだけだよ。』と声掛けしていきたい…そんな風に思いました。

自分への戒めを込めて…時々、この本を読み返そうと思った最近でした。

f:id:syuhutago25:20200123060449j:plain

 

まとめ

『優れるな、異なれ』。発達障害という社会との壁を持った子ども達は、この神様からのギフトをどのように受け止めていくのか…願わくば、自分はこれでいいんだ…と思えるような教育をしていきたいと思います。

 

 

今日も、お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

最後にお知らせです☆

【発達障がい×双子の我が子の就学決定しました】

f:id:syuhutago25:20200126054155p:plain

小学校決定までに使った書類をまとめました!

◆チェックしていけば我が子の特性が理解できる『我が子のトリセツシート』
◆見本付き・書き込み式!生活の様子・基本情報シート。

 

就学時面談で聞かれる事すべてモーラしました!

これを準備しておけば、面談も怖くないです!

発達障がい児の持ち味を発見する力を養う育児方法

↑こちらからどうぞ。

 

 

 

Twitterでは、子育て中の気づきを毎日発信しています。

フォローいただけると嬉しいです。

ゆう@発達障がい児×双子ママ (@syuhutago25) on Twitter

 

ママはいつでも100点満点!

今日も、頑張りすぎずにいきましょう!!