双子・発達障害児の育児ブログ

7歳双子(女女)育児中の専業主婦です。自閉症スペクトラム、知的障害の我が子達の様子や施設の口コミ、書評などのブログです。よろしくお願いします。

自閉症・知的障害のある娘への性教育、生理はどう教える?

こんにちは、ゆうです。

 

最近、性教育、生理などについて、色々勉強したので、シェアしたいと思います。

その中でも、自閉症児や知的障害児の性教育ってどうやるんだろう?と思っている方への記事にしたいと思います。

 

 

性教育、生理について、いつから始める??

f:id:syuhutago25:20200601033652j:plain

何冊か本を読みましたが、早すぎるってことはなさそうです。

何気なく『ママ~赤ちゃんはどこからくるの~?』と聞かれたら、始めていいそうです。

 

性教育、生理、何から始める?

私のお友達から、性教育についての情報を収集した所、何冊か本をおすすめされましたので、私はそれらを購入して、本棚にそっと置いておきました。

 

おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方 (MF comic essay)

おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方 (MF comic essay)

 

赤ちゃんはどこからくるの? 親子で学ぶはじめての性教育

赤ちゃんはどこからくるの? 親子で学ぶはじめての性教育

 

あっ!そうなんだ!性と生―幼児・小学生そしておとなへ

あっ!そうなんだ!性と生―幼児・小学生そしておとなへ

 

性教育の本を読んだ我が子の感想

(赤ちゃんがお母さんの股から産まれる絵を見ながら)赤ちゃんってこうやって生まれてくるんだね!ママは、お腹切ったの?痛かった?

痛くないようにお医者さんが麻酔をしてくれるんだよ。

そうなんだ。よかった~^^

子どもは、”人間はなぜ自分が存在しているのか?””どこから来るのか?”と不思議に思うらしいので、精子と卵子が出会ってそれがどんどん大きくなってお母さんのおまたから産まれるんだよっていうことを伝えた方がすっきり納得感があるそうです。

 

最近の性教育はごまかさない

これらの本を読んでいて、SEXの部分は見せたくないな…とか、異性の性器を見せるのは…など、親世代は考えるかもしれないけれど、性教育はそれだけじゃないということを学びました。

 

産まれることがあれば、『死ぬこと』にもフォーカスされる。

 

私が考える事と、他の人が考える事は違うということ。

 

男の子と女の子でも、心の中は自由だということ。

 

自分の大事な身体を守るための言葉や行動を学ぶこと。

 

うやむやにされても何一ついいことはない

精子と卵子が出会うためには、自分の身体がどうなっているんだろう?

それらもしっかりと表現されていました。

私達親世代は、なんとなく隠されて、思春期になってやっと『え、そういうことなのか~』と理解した方が多かったのではないでしょうか。

 

しかし、現代は全く違うんですね。

しっかりと男女の体や心のしくみを学んで、自分や他人の守り方を学ぶんですね。

 

こうやって何一つごまかすことなく児童の頃から伝えていくことで、性被害やひどい事件は減っていくのではないかなぁと思いました。

 

 

自閉症や知的障害のある女の子の生理

お話だけしても理解ができないと思うので、書籍や動画を利用しながら、生理を説明した方がいいなと思いました。

動画でわかりやすく、なにより、LGBTQ+にも対応しているサイトを見つけたのでシェアしたいと思います。

 

pilcon.org

 

YOUTUBEでは、日本語版も続々配信されています。


www.youtube.com

 

とってもわかりやすい!!ポップなアニメーションで子どもにも親しみやすそうですね^^

 

支援学校や支援級での生理事情

私が、よく見ているYoutubeかずみん教授の動画をご紹介します。

 

学校では休み時間ごとにトイレに行ってくれるので、ナプキンの変え忘れなどはなさそうですね。


www.youtube.com

 

 

自閉症女児、おうちでのナプキンの変え忘れを防ぐために…

こちらの方はビンゴ表みたいに、トイレに行ったらめくる…というトークンのようなものを作成していました。

カレンダーや構造化がしっかり定着しているお子さんには、このようにトイレに行く回数を管理してもいいかもですね。

blog.livedoor.jp

 

男の子の方法も、しっかり学んでおいて損はないですね!!

我が子は女児なので、あまり関心なかったのですが、男性の場合も大事だと思うので、シェアします。


www.youtube.com

 

まとめ

性教育は、障害があるから…まだ小さいから…という事は絶対にないんだなと思いました。当たり前といえば当たり前なのですが…親子で人類の神秘に触れるいい機会になりました。

ぜひぜひ、書籍や動画でお子さんと一緒に話してみてはいかがでしょうか。

 

ママは、いつでも100点満点!

今日も、頑張りすぎずにいきましょう!!

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

この記事を書いている私はこんな人。

発達障害・知的障害を持つ小2の双子女子を育てる母。言語聴覚士。

 

好きなこと:家族、哲学、本、対話

強み:トップダウンで時間を無駄にしない、在ることに気づく、感謝、ポジティブ

価値観:家族、自立、知識発見を楽しむ、今を生きる

現在の活動:発達っ子ママ達の横の繋がりを大事にすべく小さいコミュニティを立ち上げている。

目指す所:発達界の坂本龍馬(笑)

 

▽私(発達障害双子育児中、ST)が子育てで参考にしている本達の紹介をしています。

www.syuhutago25.com

 

 

 

お子さんのサポートブックご準備なさっていますか?

発達障害を疑ったことがある、発達障害と診断されたなら、まずはお子さんのサポートブック(トリセツ)を作りましょう!

言語聴覚士という専門家だったから言えることがあります。それは、発達障害児のママがお子さんの問題点や長所を把握できているかできていないかで伸びが全く違う…。

しかし、なかなかお子さんの問題点って見えにくいですよね。しかも、日常生活でいっぱいいっぱいでそんなものを作る余裕もない…。

そんなあなたへ、簡単に作れる!

世界で1つの我が子サポートブックフォーマットを無料でプレゼントしています!

>>>詳しくはこちらをクリック<<<

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

↑クリック。

 


自閉症児育児ランキング

記事が参考になったと思ったら、押していただけると助かります。 

 

 

Twitterでは、子育て中の気づきやを発信しています。

フォローいただけると嬉しいです。

ゆう@発達障がい児×双子ママ (@syuhutago25) on Twitter