双子・発達障害児の育児ブログ

6歳双子育児中の専業主婦です。妊娠期~幼稚園に入ってからの様子を発信します!

子供の言葉が遅い。私の関わり方が悪かった?不安に思っているママへ

こんにちは、ゆうです。

 

子供の言葉が遅いかも…と思った時、とても不安になりますよね。

私の声掛けが少ないから?何か間違っていたかしら…?とそんな風に感じているあなたへ言葉が遅い原因と相談先、言葉を増やす関わり方をまとめましたので、ご覧ください。

目次

 

このような方へ向けて書いています。

◆子どもの言葉が遅いように感じている方

◆検診で「様子見ましょう」と言われた方

◆子どもの言葉のことで毎日不安に思っている方

◆子どもの言葉を増やす方法を知りたいと思っている方

この記事を読んでいただければ、

◆病院へ受診すべきか判断できる

◆子どもの言葉の発達について理解できる

◆日常でできる言葉を増やすテクニックを知ることができる

◆自分の関わり方は間違ってなかったと自信が持てる<

 

 

子どもの発達をおさらいしましょう。

言葉の発達には、運動面も密接に関わっていますので、運動項目もチェックしてください。

生後 定型発達
生後3か月 ◆首が座る
◆追視をする
◆大きい音に何かしらの反応をする
生後6-8か月 ◆寝返りをする
◆うつ伏せ状態で、腕で体を支えることができる
◆お座りができる
◆手を出して物をつかむ
生後9か月 ◆人見知りする
◆ハイハイができる
◆つかまり立ちができる
◆指先でものをつかむ
◆バイバイができる
1歳-1歳2ヵ月児

◆歩く
◆「あれ取って(指さし)」ができる
◆物をつまんでビンに入れられる

◆初語がある(ママ、パパなど単語)

1歳6ヵ月児

◆ごっこ遊びをする

2歳 ◆2つの言語指示(パパに新聞渡して)に従う
◆2語文がいえる
◆走る
◆ボールを蹴る
◆目・鼻・口・舌・へそなどがわかる
3歳 ◆三輪車に乗れる
◆階段を足を交互にして登れる
◆自分の名前が言える
◆はさみで直線が切れる
◆高い・低い、長い・短い、赤い・青いなど
がわかる

子供の言葉が遅いとはどういう状態をいうのか?

上記の定型発達(生活年齢から予測される平均的な状態)よりも大幅に遅れることをいいます。

 

大幅にってどのぐらい?

医療現場では、3か月…と言われていますが、実際は半年~1年遅れていると『よく見ていった方がよさそうだ』という判断になると思います。

ですので、2歳になっても初語(ママ、まんま、パパなどの単語)がない場合は受診または相談対象です。

また、単語はあるけれども続かない場合、3歳になっても2語文(パパきた、ママいった)がない場合も該当します。

f:id:syuhutago25:20200201001917j:plain
 

病院受診し、聴覚検査や発達検査、行動観察を経て

『少し待てば言葉が出るタイプ(正確に言えば、これも長期的サポートが必要です。)』

なのか、

『その他の原因がありそうだ』

の判断を下します。

 

言葉が遅いその他の原因について詳しく見ていきましょう。

 

言葉の遅れをきたす原因には、大きくわけて3つあります。

 

聴覚に問題がある場合

正しく聞こえていない場合、正しく表出することができません。

特に軽度難聴の場合、気づかれにくいので注意が必要です。

f:id:syuhutago25:20200409084829j:plain
 

さかな→たかな など、さ行→た行 などに言い間違えている場合も、これを疑うことが多いです。

もしかしたら、滲出性中耳炎、高音性難聴などの聴覚の問題があるかもしれません。一度耳鼻科を受診してみましょう。

言語理解ができていない状態

□話しかけても「嫌だ」「分からない」など同じことをよく返答する

□質問をしても答えが噛み合ってない

□「もしも」の話ができない

これらが当てはまる場合、大人の言うことを理解できていない可能性が高いです。

f:id:syuhutago25:20200409085137j:plain

 

知的障害や発達障害

知的障害

IQの発達が遅いことにより言葉の発達も遅れている状態です。身の回りの生活習慣を身につけることができないなどの指標もあります。

 

自閉スペクトラム

対人関係やコミュニケーションなどいわゆる社会性の発達が遅い状態。目が合わない、強いこだわりがある、同じ行動や行為に固執したり繰り返したりする、などの指標があります。



言語の表出が遅れているだけの場合を解説します。

 

お友達や大人への関心もあり、集団行動もよくできている、そして、言語の理解も年齢相応にできている。つまり上の原因(聴覚、理解、知的発達)とは考えにくい場合です。

発達検査で言語の表出のみに低下が見られる場合、表出性言語障害というものが当てはまります。

この場合は、経過観察をしたり、療育での適切な刺激を入れることで表出が促される場合もあります。

f:id:syuhutago25:20200409085615j:plain

 

ここで、ママ達を不安にさせるのは忍びないのですが、少しだけ頭の隅っこに置いてほしいことがあります。この表出性言語障害は、学習障害が潜んでいる可能性もあるので、定期的に医療機関や支援が受けられるようにサポートしていったほうがよさそうです。



子供の言葉が遅い時の相談先は?? 

①小児科【お住まいの地域×小児神経専門医、小児発達外来のある病院】で検索してみてください。

②地域子育て支援センター

③児童相談所

④乳幼児健康診査

相談場所はいくつかありますので、一回だけでなく、複数人に診てもらうことも大事かと思います。 

 

言葉の理解や表出を促す方法、よろしければこちらをご覧ください。

www.syuhutago25.com

 

 

他のホームページを見ていると…

『テレビやタブレット端末をつけっぱなしにしてはいけない』と書いてありますよね。

私は、この一文はいらないと思っています。

孤独な子育て、核家族が増えている一方で、どうやったらいいんだろう…と悩みに悩んでいる結果、そのような機械に頼るしかない状況なんです。

その一文を見たことで、自分を責められているような感覚に陥るママさんも少なくないと思います。

どうしても生活を回すために、テレビやタブレット端末が必要なんです。

私たちは、それぐらい日々忙しいし、自分を守るために、逃げる場所も必要です。

 

欲を言えば…

3分でいいので、テレビやタブレット端末を一緒に見る時間も作ってあげるといいのかなと思います。一緒に見て、『あ、わんわんだね。お散歩してるね』この一言があるかないかで違うと思います。

 

テレビやタブレット端末は悪くないと思います。苦しかったら、一緒に見ましょう。その間に家事を済ませましょう。

f:id:syuhutago25:20200130223656j:plain

 

 

家事の時短して子どもにもっと時間をかけたい…

そう思ったらこちらを参照ください。

www.syuhutago25.com

 

 

最後に…子供の言葉が遅いと不安を抱えるママへ

定型発達を学ぶとやはり我が子はできないことが多い…と落ち込むこともあると思います。

実際に私も、我が娘達の発達が遅いことに焦りを感じたこともありました。

しかし当時の私に言ってあげたいことがあります。

「あなたは、とてもよくやっています。こんなに愛情深く接しているのだから、不安に思うことは何もないです。もしも…の時は、その時に考えましょう。大丈夫、遅すぎることはないです。

子どもの【今】は、今しかない。戻ってきません。今を全力で楽しんでほしいし、今しかない、この一瞬の子どもを沢山沢山抱き締めてあげてほしいです。子どもはすぐに体も心も大きくなってしまいますよ。

1日は長いけど、1年ってとっても短く感じます。だから、『今』を。今の我が子と過ごす時間を大事にしましょう」

 

来るべきときに、専門家から適切な指示があります。

もしも、不安が払拭されない場合は、いつでも、下記のLINEやTwitterからご相談ください。

 

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

↑クリック。

 


自閉症児育児ランキング

記事が参考になったと思ったら、押していただけると助かります。 

 

 

 

発達障がい児の持ち味を発見する力を養う育児方法

↑LINEはこちらから。

  

 

Twitterでは、子育て中の気づきを毎日発信しています。

フォローいただけると嬉しいです。

ゆう@発達障がい児×双子ママ (@syuhutago25) on Twitter

 

ママはいつでも100点満点!

今日も、頑張りすぎずにいきましょう!!