双子・発達障害児の育児ブログ

10歳双子(女女)育児中の専業主婦です。自閉症スペクトラム、知的障害の我が子達の様子や施設の口コミ、書評などのブログです。コーチングとアドラーファシリテートとお茶会やってます。

これから民間療育に行くあなたへSTの私から伝えしたいことVol.5

こんにちは、ゆうです。

 

今回は、発達障害や障害児のママに必要な人というテーマでお話します。

今日も一緒に話しましょう^^

 

目次

 

前回記事はこちら。

www.syuhutago25.com

 

障害児ママに必要な人

私は、3つのタイプの友人がいればいいと思います。

 

①同じぐらいの年齢で、同じような特性を持つ子を持つ親

やはり、同年齢の同じような特性を持つ子なので、話が合う合う!!!

このタイプとは、『そうだよね、うちもそうだよ!!!!』と女性特有の共感が欲しいを満たしてくれるので、何かあっても、このタイプの親に話せば案外すっきりしちゃうことが多いです。

 

②3~6歳離れた年齢で、同じような特性を持つ子の親

やはり、進学に関しては、先輩の意見は欠かせませんよね。

小学校の頃は中学のこと、

中学の時は、高校のこと、

高校の時はその後の進路について。

同じような特性の子はどこにいくんだろうか…と選択肢を見ておくことができるので、このような人脈はあると安心できるかなと思います。

逆に焦るようならば、いなくても大丈夫!

一番は、今に集中すること!

 

③親の趣味友達

子育てとは全く関係ないお友達って、結構重要です。

子育てに100%費やしていると、絶対に行き詰ります。

自分に投資すること、声を大にして言いたいです。

今じゃなくてもいいです。

子どもが小学生になったら…これを再開しよう!そのために情報を溜めておこう…

など、今からでも、できることあると思います。

趣味友達って、自分の人生を豊かにしてくれる存在です。

 

自分の人生は自分しか生きられません。

明日死ぬかもしれません。

その時に後悔しないように、今日を今を生きましょう。

 

 

障害児ママに必要なもの

現在は、きっと、子どもが小さいから、働いた後についてなんて想像できない…

って思いますよね。

しかし、学生時代よりも、働いている期間の方がながーいので、ここをどのように過ごすか?を垣間見ておいた方が心の余裕に繋がります。

 

障害児の未来を垣間見るために…書籍を読む↓

www.syuhutago25.com

 

私は、中学に行くために、高校に行くために、大学に行くために、今子育てをしているわけではありません。

『自分の特性を生かして、助けを借りながら、幸せに生きるために』日々楽しんでいるのです。

 

ゴールは受験ではありません。

幸せに生きるために、受験が必要だと思ったら、それは手段なので取り入れる価値ありますよね。

ただ皆がこうしてるから、だいたいこういう子はこうだから…という理由で勉強するのは、私は選びたくないなと思っています。

 

 

まとめ

同じ年や年上、同じような特性の子を育てている親ってどうやって出会うんだ!?

そう思ったら、ぜひ私のコミュニティに遊びに来てください。

下の『詳しくはこちら』からライン登録していただきまして、『コミュニティ参加希望』とメッセージください^^

本当に素敵な方々が、所属してくださっているので、ぜひぜひお話しましょう!

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 

子育て中に、アドラーの心理学と自己理解を一緒に学んでみませんか?

言語聴覚士という専門家だった私が、発達障害児・双子を育ててみて、わかったことは3つ。

1,自分という人間を知れば、子育てがしやすくなる

2,失敗敗を何度も許された人が、人の失敗を許せる

3,自分を律することができるのは、選択肢を持ち選んできた人

私が子育て中に、人が変わったと言われるのは、アドラーの心理学と自己理解があったからと自信を持って言えます。

ぜひ一緒に学んでみませんか??^^

>>>詳しくはこちらをクリック<<< 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

↑クリック。

 


自閉症児育児ランキング

記事が参考になったと思ったら、押していただけると助かります。 

 

 

Twitterでは、子育て中の気づきやを発信しています。

フォローいただけると嬉しいです。

ゆう@発達障がい児×双子ママ (@syuhutago25) on Twitter