双子・発達障害児の育児ブログ

7歳双子(女女)育児中の専業主婦です。自閉症スペクトラム、知的障害の我が子達の様子や施設の口コミ、書評などのブログです。よろしくお願いします。

第2章 『要・不要』④ 買い物術と物への執着

 

2⃣あなたはどのぐらい時間のロスしている?5分で終わる買い物術。

2⃣ー①レシピを見ずに作れる料理は何種類ありますか?まずはそれを把握しましょう。

私は、料理があまり得意な方ではありません。私がレシピなしで作れるものは『肉じゃが、コロッケ、カレー、シチュー、豚汁、けんちん汁、肉のソテー』です。

あとのものは作れますが、調味料の量などレシピを確認してしまいます。

 

我が家は、1週間のメニューがおおまかに決まっています。

週2回は、パルシステムミールキット。

週1回ずつ、肉や魚を焼くだけ簡単料理。

週2回、レシピを見ずに料理をする。カレーと豚汁が多いです。

副菜は、レタスか、出来合いを買ってしまいます。

 

1週間のレシピを決めているので、迷うことがありません。

滅多に作らないものを作って材料を余らせるぐらいなら、外食にいったほうが食品ロスを防げますし、経済的だと思います。ママの精神状態もよくなる♪一石三鳥♪

 

2⃣‐②買う材料を決めてしまいましょう。

上記のメニューで分かる通り、私が作れるメニューは材料が似かよっています。

メニューが固定されてしまえば、買うものも固定されます。

(時期によって物の価格が変動するので、少しでも安いものをと思うあなたは『芋類、葉物』などと決めておくといいと思います)

ちなみに我が家の買い物リストがこちら。

『じゃがいも(4~5個入り)、さつまいも(大1本)、人参(2本)、玉ねぎ(3個)、キノコ類(2袋)、ネギ(1本)、大根(半分)、レタス(1玉)、きゅうり(2~3本)、こんにゃく(小)、肉(700gぐらい)、魚(鮭or鯖3尾)、ヨーグルト(4個パック×2)、ジュース(2本)、その他調味料、冷食(お好み焼き、からあげなど)、(なくなり次第、粉物・缶詰など)』

と限られてきます。だいたい、1週間に使いきれる量を買います。これ、とても大事です。1週間で使いきれる量を買うってとても大事!

↑こちらのリストの順番もこだわりがあって、よく行くスーパーの入口から会計までの並び順です!並び順に書いておけば、あと戻ることがなくなります!!

余裕のある方は、一度、このスーパーの並び順に買い物リストを作成してみるといいかもしれません。

 

このように決めておけば迷いがなくなります。

もう一度言います。

迷いをなくすと買い物時間が短縮されます。

 

2⃣ー③レシピを見ずに作れないものは、外食、または出来合いのものを購入しましょう。

先ほども申し上げましたが、普段作らないものは作らないと決めてしまうとラクです。

我が家では、中華が食べたくなったら、近くのラーメン屋に行きます。

子育てがひと段落して、時間的に余裕ができたら、自分で凝って作ってもいいと思いますが…今は、時間をお金で買う時代です。食べに行きましょう。



2⃣ー④、インターネットで買い物をしてみましょう。

買うものが決まりました!余裕のある方は携帯orパソコンで買い物をしましょう!

現在、私が登録しているものを紹介します。

↓ページジャンプします。

パルシステム毎週決まった時間に来てくれます。重いものやかさばるものはここで注文。 

 

西友ネットスーパー最短でその日の夕方に来てくれるので、早いです。 日用品などをプラスして6000円以上買う場合は送料かからないので、こちらを利用します。お米など買う時は利用してもいいかもしれませんね。

 

amazonフレッシュ月額かかるので、私はやめてしまいましたが、頻度高ければコスパはいいと思います。 フレッシュというだけ、本当にお野菜はフレッシュなものが届きました!ミールキットもあるので、そちらもおすすめです。(私は、量が少ないなと感じましたが)

 

◆アマゾン定期便…豆乳、手洗い用せっけん、洗剤などは消費スパンを調べて、2週間~4か月スパンで配達してもらえます。スパンはいつでも変更可能です。しかも、普通に買うより安くなるので、おすすめ。

 

楽天意外にも、副菜が充実しています。 私がよく買うお店はこちら。

 

1回目の登録には少し時間がかかりますが、2回目からのお買い物は履歴をポチポチっとするだけなので、5分で終わります。

 

3⃣あなたの生活を支えないもの。それは【執着】と【こだわり】です。

執着や、こだわりを捨てることで、部屋は綺麗になり、物が整理され、食べ物がおいしくなり、子供へのイライラもなくなります。

 

物への執着を捨てよう

先ほどのワークでも話しましたが、物を取っておきたいという執着は、現代においてあまり役に立ちません。

物が豊富に溢れているこのご時世。緊急時の備えを除いて、私達が本当に必要なものは何なのかを見極めましょう。

 

人が捨てられない…と思う物には、こんまりこと近藤麻理恵さん曰く、4つの価値が付加されているそうです。

◆機能的な価値…まだ使えると思っている洋服など

◆情報的な価値…一部しか読んでいない情報雑誌など

◆感情的な価値…大切な人からのもらいものなど

◆希少価値…限定品など

 

【過去への執着】と、【未来への不安】から、残しているとこんまりさんは言っています。

 

今、その物にさわって魅力を感じないのであれば手放しましょう。

大事なことなので、もう一度言います。

触ってみて、『今』魅力を感じないと思ったら、手放しましょう。

昔は魅力を感じていたけど、『今』はそうでもない…というものありませんか?

 

また、『いつか使うだろう』と思って、『今』使ってない物を取っておいたりしていませんか?

3か月後に使うとか、具体的にわかっていればOKなのですが、使う日付を指定していしていない物に『いつか』は訪れません。

 

大事なことなので、もう一度言わせてください。

『いつか』って『いつ』ですか???

 

第1章で、あなたのLife is _______と答えていただいた回答に、その物は、必要なものですか??

あなたの理想の未来に必要なものなら、自信を持って、取っておいてください。

取っておくものは、自分の理想の未来を叶えてくれる大事なもの達です。

絶対に、投げたり、隠したりせずに、堂々と取っておきましょう。



私がとても悩んだものは子ども達のおもちゃです。

悩んだ末に、行きついたオモチャの整理方法をお伝えしたいと思います。

時間のある時に、おもちゃを全て地面に広げます。

そして、1つ1つ手に取って『これ、大好き?嫌い?』と聞いていきます。

大好きと即答したものは、取っておきます。

嫌い、微妙…と言ったものは、メルカリやジモティーで売ります。

これを定期的に実施すると、子供の要・不要を見極めるスキルも磨かれていくと思います。

 

意外に大人がこれをやらせたい…という執着の見えるおもちゃが残っていたりしませんか?(我が家もあります^^;英語のDVDや日本地図パズルなど…)

自戒を込めて…子供が遊んでいないのであれば、一度手放してみましょう。

 

未来は、絶対に明るいです。

不安だ、不安だ…と思っている人には、【不安な要素】が見えやすくなり、さらに不安が加速していきます。

未来は、絶対に明るい。

思ってなくてもいいです。口に出すだけでも、変わってきます。

 

私が手放してよかったと思うもの

・普段使っていない鍋、フライパン

・普段使わないお皿、スプーン、フォーク、箸

…先ほど紹介したものが4つあったのですが、2つに減らしました。棚が増えるとそれだけ物が増えるということなので、棚自体を減らしました。棚を捨てる時に見た埃は忘れられません。棚を減らすということは埃を減らすことになります。

・ペン、鉛筆など普段使っていない文房具

・普段読まない絵本、参考書など

・あまり抱っこしないぬいぐるみ

・家電や物の説明書…現在、ほとんどの物の説明書はネットでダウンロードできる時代です。取っておく必要はないでしょう。

https://www.atpress.ne.jp/news/238958

↑アプリで取説が管理できます!

財布…レシートがたまるだけでお金は貯まりません。キャッシュレス時代なので、携帯のカード入れにクレカが入っていれば充分な時代です。鞄の内ポケットに多少の現金が入っています。

getmoneytree.com

このマネーツリーというアプリを使って、我が家の資産の管理をしています。

ぱっと見て、収支がわかるので、とても便利ですよ!

ポイントカード…財布と共に捨てました。楽天ユーザーなら楽天ポイントだけで十分。ポイントちまちま貯めるよりも、資産運用した方が断然稼げます。あなたの時間は有限です。ポイントに時間を取られている場合ではありません。

洋服…1年着なかったものは捨てました。自分が着ていて気分が晴れやかになるものだけ厳選しました。

ドレス…そろそろ結婚式ラッシュも落ち着いてきたので売りました。必要な時はレンタルすればいいと思います。

・大きい…ちょっとした外出であれば、私は小さなウエストポーチだけで外出しています。持ち物は、携帯と鍵、ハンカチティッシュ、ビニール袋、緊急時のための子供の障害者手帳のみです。その他の持ち物は、必要ならば子供のリュックに入れて、子供に持たせます。



必ず手放す時は感謝して手放しましょう。

『私に似合わないと気付かせてくれてありがとう。私の理想の未来を気づかせてくれてありがとう。』

物にはお役目があります。

捨てる時には、そのお役目に感謝して捨てると、罪悪感を最小限にできます。

 

 

物が多い=探し物をする時間が多いということになります。

人間が物を探す時間って、人生で何時間あると思いますか?

正解は3680時間!!!

人生で153日間も、探し物をしていることになるんです!

もったいないですよね…?その時間、他に有効活用できますよね…?

時間がお金よりも大事と思っている私は、探し物をする時間は無駄と考えました。

徐々に家から物が減り、物を探すストレスから解放されました。

 

(ワークXもありますが、強制ではありません。一応送っておきます。)

 

4⃣まとめ

完璧な家事育児したいと思っているあなたへこの3拍子を送ります。

手抜き

無理しない

執着しない

この3つに尽きると思います。

 

子どもが自立するまで、最低でも18年も家事育児を両立するのです。

長期戦です。長期戦に1日1日100%の力で挑むのは絶対に無理です。

 

長期戦に備えて、家電に頼ったり、サービスに頼って楽をすることは主婦の選択です。

会社勤めの人が、いいパソコンを買ったりすることは投資ですよね。それと同じですよ。私達は、子供のために、投資をしているんです。決して怠惰ではないですよ。

 

家事育児を合わせても70%の力で日常を過ごすのがポイントです。

乳幼児を育てている方ならなおさら…子どもは急に病気やケガをするからです。

非常事態に備えておかないと、いざという時に自分がオーバーヒートを起こしてしまいます。

 

今は、【頑張らないことを頑張って】みませんか。

 

では、また第3章でお会いしましょう。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

著作権;

こちらは、著作権放棄しておりません。再配布及び営利目的でのご利用はご遠慮ください。

個人での利用に限り、HTMLメールでのご利用・印刷物としてのご利用をしても構いません。