syuhutago25’s diary

5歳双子育児中の専業主婦です。子どもは毎日が新しい!発見を共有します☆

夫が育児に協力的になる!?障害児を持ったママがやることは2つだけ!

こんにちは、ゆうです。

 

目次

 

 

今日は、『夫が育児に協力的になる!?障害児を持ったママがやること』というテーマでお届けしたいと思います。

 

お子さんが発達障害と診断されてから、あなたはどんな想いを抱えてきましたか?

(そんなはずない、違う病院に行ってみようかしら…)診断名を疑ったり…

・(やっぱり障害はその通りだった…)落ち込んでみたり、

・(親がしっかりしないと!)責任感を感じたり…

・ママ友さんと話して、少し前向きになれたり…

 

きっと診断されてから色々なことがありましたよね?

 

診断されてから、一番辛い事って何でしたか?

私の友人は、こう言いました。

『夫の理解が得られない事』。

f:id:syuhutago25:20190818021859j:plain

発達障害児を育てていく上で、家族の協力は必須です。

そんな夫が自分の子どもの障害を受け止めきれず、目を逸らし続けている状況。

・『俺らが子どものころは、こんな感じの子どもいっぱいいたよ』

・『俺も昔こんな感じだった。障害なんて決めつけるなんて早いんじゃないの?』

・『育て方にも問題あるんじゃないの?』

こんな風に言われていませんか?

大変な状況もわかってもらえず、協力もしてもらえない。

とても辛いことですよね。

 

私も、なかなか家族の理解が得られない時があり苦労しました。

現在では少し理解をしてくれ、協力してくれるようになりました。

そんな私の試行錯誤の結果をご紹介したいと思います。

 

 

この記事を読んでいただければ、

・障害児に対する家族の理解が深まる。

・夫が育児に協力的になる。

・家族関係がうまくいくことで、子どもの笑顔が増える。

・ママ自身が前向きになれる。

 

この内容を知らないでいると

・夫と別居、または離婚危機

・家族関係がうまくいかないことで、子どもも不安定になる

・ママの精神状態が不安定になる

などが考えられます。

 

そんな未来、できれば想像したくないですよね。

ぜひ、最後までお付き合いください。

 

 

まず、あなたへ質問です。

Q1、なぜご主人は障害を理解してくれないのでしょうか?

  ・プライドが高いから、障害を認めたくない?

・できれば健常児と同じように育ってほしいから、発達障害児と思いたくない?

色々あると思います。

 

私の考えは、

『夫が障害だと理解できる回数(時間)、子どもの状況を見ていないから』だと思います。

 

4歳のお子さんとママが一緒にいる時間を計算しました。

寝る時間を8時間とすると、233600時間

 

今度は、お子さんとパパが一緒にいる時間を計算してみましょう。

たとえば、平日パパの帰りが夜の7時とします。

起きるのは朝7時で8時に出勤とします。

ということは、寝るまでの2時間、朝は1時間の計3時間。

休日は、ママと同じ時間にしたとして、9024時間

 

(233600÷9024≒25)

パパと子どもが一緒にいる時間はママの1/25です!!

 

ということは、

あなたが子どものトラブルを1日3回見たとします。

1日に3回癇癪起こしたり、トラブルを起こしたとしても、

パパからするとその出来事は8日に1回しか目の当たりにしないという計算になります。

 

1週間に1回あるトラブルと、

1週間に21回トラブルを見ているのでは全然違いますよね?

ということは、

夫が障害に対しての認識が薄いのも時間的に無理はないと私は思います。

 

逆を言えば、あと25倍の時間をパパと子どもが一緒に過ごし、トラブルをママの8倍目の当たりにすれば、確実に理解してもらえると思います。

しかし、仕事もあるのでそれは不可能ですよね。

 

 

 では、それを踏まえた上で、どうやって夫の理解を少しでも深めていくのかを解説します。

 

結論を言うと、

『夫を病院と療育に連れていく』です。

百聞は一見にしかず。実際の子どもの様子を見てもらうのです。

(*療育とは障害のある子どもがよりよい生活ができるように、また将来の自立や社会参加に向けて訓練をする場所です。)

 

 

発達障害で受診している病院へ、一緒にいきましょう。

『お前だけで行けるだろ?俺は仕事があるんだ。』って言われてしまうんです…。

はい、そう思います。

そんなパパだから、障害の理解がないんですもんね。

 

しかし、パパが病院へ行ってくれるようになる魔法の言葉があります。

ぜひ使ってみてください。

 

↓↓↓

 

『あのね…病院の先生…女だからかママだとなんだか見下して話す人なの。毎回行くのが怖いの。心細いの…。相手が男の人だと態度が変わるみたいなのよ。ためしにパパも一緒に来てくれないかなぁ…?』

(泣きそうな顔で言ってみてください!あなたは今だけ女優です!(笑))

 

これを言うと、『あ、俺が守ってあげなきゃ』って思うのか…

私の主人は平日お休みを取ってくれました!

 

 

次に、療育への見学を進めるには

療育の先生に

『主人の障害理解を深めるために、ここに連れてきたいです。

何か良い方法ないですか?』

って聞いてみてください。

たとえば”契約者本人の署名が必要だ”など、なんでもいいんです。

1回でもいいです。

療育に連れていきましょう。

療育での様子を実際に見てもらいましょう。

 

実際にトラブルやできないことを何度か目の当たりにしたご主人は何ていうと思いますか?

『やっぱり…〇〇はできないことが多いんだね…。ちょっとショックだったよ。ママの大変さがわかったよ。』

こんな風に言ってきたら、心の中でガッツポーズ!!!!

大成功です!

少しずつ、育児に関してパパの役割を増やしていきましょう。

きっと文句言わずにやってくれると思います。

 

 

最後に、質問です。

Q2、今後、お子さんの診断名がついているのに、夫が理解しない。困るのは誰でしょうか?

 

あなたと私は同意見だと思います。

答えは、『子ども』です。

 

f:id:syuhutago25:20190818022816j:plain

子どもの障害から目を逸らし続けた結果、困るのは子どもです。

もう一度いいます。

あなたのお子さんが一番困ります。

必要なサービスを受けることができず、路頭に迷う可能性があります。

 

お子さんが小さい今から少しずつでいいので、パパが子どもを見る時間を増やしていきましょう。

あなたが仮病を使ってでも、パパと子どものいる時間を増やすのです。

絶対に、気づいてくれるはずです。 

 

まとめ

『夫が育児に協力的になる!?障害児を持ったママがやること』について話しました。

・パパと子どもは一緒にいる時間が圧倒的に少ないため、パパの認識が薄いのは仕方がない。ママと同じ認識になるのは不可能。

・しかし、障害理解を深めるためにできることは、病院と療育に連れていくこと。

という話をしました。

 

ママは、いつもいつもいつも…子どもを一番に思い、頑張っていますよね。

本当にお疲れ様です。

誰にも褒められることにない孤独な戦いです。

でも、ここに味方はいます。

少しずつでいいです。行動してみましょう。

お互いに頑張りましょう!

 

 

今回の記事はいかがでしたか?

 

 

Twitterでは、子育て中の気づき、子どもへの言葉かけ方法を毎日発信しています。

よろしければ、フォローいただけると嬉しいです。

@maxeiko

面倒な掃除が3分で終わる方法

お部屋の掃除ってできればしたくない家事ですよね。

 

子どもが増えると、おもちゃも増えるし…飲み物をこぼすし…紙屑が散乱してるし…(延々)

 

毎日の掃除が大変…というママさん達に読んでいただけたらいいなと思います。

 

結論から申し上げますと、やることは3つあります。

 

①物の定位置を決める

②決まらない場合は、とりあえずBOX(大き目のもの)を買う

③お掃除ロボットを購入する

 

これでだいたい毎日の掃除が3分で終了します。

 

①物の定位置を決める

 

まず、リビングを見渡してみましょう。

 

床の上に何がありますか?

 

おもちゃ?服?本?

 

それらの定位置は決まっていますか?

 

今一度確認してみましょう。

 

一度、定位置に戻してみてください。

 

入りきらないものはありましたか?

 

 

②定位置の決まらないものは、捨てるorとりあえずBOX(大き目のもの)を買う

 

定位置が定まらないということは、物の持ちすぎなのかもしれません。

 

私は、捨てられるタイプなのですが、そういう人ばかりでないと思います。

 

そのような方は、大き目のとりあえずBOXを購入して、棚に収納してしまいましょう。

 

この2つをやることで床面積は広くなりましたか?

 

床面積が広くなったら、次にいきましょう。

 

 

③お掃除ロボットを導入する

 

お掃除ロボット、本当に優秀です。

 

最近のものは、少しの段差なら乗り越えてしまいますからね。

 

大きな段差も感知して落ちないように調整してくれます。

 

この2つがあるとリビングはピカピカになります。

 

こちらは、掃除機の役割。

 

メルカリで見ると、もう少し安く買えるかもしれません。

 

 

 

こちらは、クイックルワイパーのような役割です。

 

拭き掃除を自動でやってくれます。

 

本当にピカピカになります!!

 

*注意*

 

1つだけ注意したいことがあります。

 

それは、【コード類】です。

 

コード類をひっかけると止まってしまい、お掃除が完了しません(泣

 

お掃除ロボットを購入したら、コードは床に置かないように工夫しましょう。

 

 

我が家では、お掃除ロボットに『カイロ』という名前までつけて可愛がっています(笑)

 

本当に優秀で、可愛いやつです(笑)

 

このお掃除ロボットがきたことで子どもたちの行動にも変化がありましたのでご紹介します。

 

毎朝、お掃除ロボットの開始ボタンを押してから幼稚園へ向かいます。

 

すると、子どもが自主的に、床に落ちてるものを定位置に置いてくれるようになりました。

 

『カイロが吸い取っちゃうからね』と言いながら、片付けをするようになりました。

 

若干カイロを怖がっているところもあるのかな?(笑)

 

家を出る時に、お掃除ロボットを開始しておくと、帰ってくるころにはお掃除が完了しています。

 

(時々、机の下で止まってたりしますが…。

 

そういう時は、机の下で止まらないように椅子を置いたり工夫してます。)

 

 

以上、面倒な掃除が3分で終わる方法でした。

 

下準備に時間かかりますが、準備してしまえばあとはお掃除ロボットがやってくれるので簡単簡単!

 

お掃除ロボット、導入してみませんか?

 

 

今日も、お疲れ様でした(^^)/

 

 

【レビュー】ふたごじてんしゃを買って1か月経ちました。

f:id:syuhutago25:20190716231952j:plain

 

2019年6月に新しく改良されたふたごじてんしゃを購入して早1か月。

 

まずは買ってから数日の感想からおさらいしてみましょう。

↓↓

5分でわかる双子自転車!気になるお値段と乗り心地! - syuhutago25’s diary

 

メリットに関しては、1か月経ってもとくに変化なく、

 

やはり、前かごが使えるのって、すごく嬉しいです。

 

傾斜でなければ、絶対に倒れない安定感!素晴らしい。

 

デメリットに関しては、1か月経って変化してきました。

 

1、中長距離に向かない→【変化なし】私の体力がないからなのかすぐ疲れてしまう…今でも短距離だけ使用してます。

 

2、内輪差を考えて曲がらないといけない→【変化あり】これは慣れですね。1か月経った今はあまり考えなくても曲がれるようになりました(^^)/

 

3、段差や傾斜に弱い→【変化なし】段差でタイヤが浮いてしまうと怖いです。

 

4、操作が難しい→【変化あり】これも同じく慣れで解消できました。スイング機構にも慣れました。漕ぎ出しはギアを軽くして、漕ぎ慣れてきたらギアを上げる感じにするとそれなりのスピード(と言っても普通の自転車より遅い)が出ます。

 

5、【新】雨の日のカバーがなかった→一応、公式では『リアチャイルドシートレインカバーRCR003』が対応すると書いてありますが、×2を買うのも躊躇われたので、レインコートを上下着せている状態。

 

6、【新】目立つ→これは、メリットなのか?これ乗ってると90%振り返られます。外国人に写真撮られます…。やめて…。

 

7、【新】レールありの駐輪場は無理→デパートなどの駐輪場に停められない。最寄り駅までとか乗りたいけど…難しいかな。

 

結論;なんやかんや言うけど買ってよかった、ふたごじてんしゃ♪

 

買うか悩んでる双子や年子ママの参考になるといいなと思います。

 

就学相談 用意するものは?

 

就学相談 用意するものは?

つい先週、就学相談の第一弾の面接を受けてきました。

その際に、用意しておいてよかったー!と思ったものがあったのでご紹介したいと思います。

 

①ポートフォリオ、つながりファイル(地域によって言い方が違うと思いますが、妊娠期~今までをまとめたファイル)

②療育での検査結果

③母子手帳

④面接中に子どもが騒がないようにする暇つぶしグッズ

 

ポートフォリオの書き方

ポートフォリオの書き方については、各自治体で配られるファイルに書き込むタイプでもいいと思いますし、独自に作成してもよいと思います。

私は、自治体のものと独自のものを組み合わせて作っています。

 

おおまかにこちらに記述しておきます。参考にしてください。

①基本情報

 (生年月日、住所、血液型、家族、緊急連絡先)

 

②障害情報

 (障害名、障害診断日、受診病院名、病院の担当医、手帳取得年月日、受給者番号)

 

③保険証情報

 

④生育歴

 (分娩方法、何週で生まれたか、出産時体重、身長)

 

⑤発達状況

 (首座り、寝返り、お座り、はいはい、つかまり立ち、歩く、指さし、初語、2語文)

⑥保育状況

 (幼稚園名、住所、電話番号、先生の名前)

 

⑦療育機関

 (療育機関名、電話番号、先生の名前)

 

⑧病歴

 (病気名、服薬、アレルギーなど)

 

⑨家庭での様子

 1)食事の様子 箸、スプーンなど、偏食具合

 2)トイレ 自立かオムツか

 3)睡眠 寝つきはいいか

 4)遊び 一人で遊ぶか、集団か。好きな遊びは何か

 5)手先・運動 ジャンプ、ケンケンできるか。はさみ、クレヨンでお絵描きするか

 6)ことばコミュニケーション 理解は身振り、絵カード、ことば?

                意志をどう伝える? ことば?ジェスチャー?

                一方的に話したり、話題が逸れたりするか。

 7)気になる行動 こだわり、かんしゃく、自傷行為

 8)落ち着く方法

 9)長所、好きなこと

 10)園や集団での様子

⑩現在の困り点、配慮してほしいところ

例1)

困り点→注意障害あり、注意が散漫

配慮してほしい→登園時間を早めたり刺激の入らないコーナーを作り、刺激の少ない場面を演出することで本人のパフォーマンスが上がる

 

例2)

困り点→場所見知り、人見知り、初めての場面に弱い

配慮点→4~6月は登園も療育も不安定。行事事は年単位でかかると思っている。

    去年の写真や場所の写真を見せておくと理解がスムーズになる。

 

例3)

困り点→空間認知能力の未熟さ。洋服の形状が理解できていないため、どこから頭を通すのかわかっていない。

配慮点→着替えは、シャツを広げて裾を持たせると自分で着ることができる。

 

などです。

元々、医療職なので専門用語も少し入ってしまっていますが、そのぐらい使って説明たほうが、相談される側も『曖昧なことは言えないぞ』と構えるはずです。

 

検査結果の書き方

療育で検査を何度か受けていると思います。

すべて記録していますか?

わからない場合、療育の先生に尋ねましょう。答えてくれると思います。

数値だけでもわかると、かなりわかりやすくなると思います。

 

①検査名

②検査した人、日付

③検査結果(新版K式発達検査、田中ビネー、LCスケールなど)

ここで絶対に書いてほしいことは、検査の数値から言える指標ですね。

LCスケールは年齢ですが、K式だったら、指数が出ているはずです。

指数は太文字で記入しておきましょう。

面談中の暇つぶしグッズ

お絵描きでも、本でもなんでもいいと思いますが、あるとお話に集中できます。

 

まとめ

以上、就学相談で自分が用意していってよかったなと思ったものでした。

ここまでまとめておくと、かなり話がスムーズにいきました。

子どものことをおおまかに親自身が振り返るきっかけにもなりますので、

ポートフォリオは絶対に用意したほうがいいと思います。

将来、就労するときにも必要になりますので、今!!!

面倒でも用意すると、後々楽になると思います。

部屋を広く見せるために

我が家は18畳1Kに双子と夫婦の4人ぐらしです。

 

もう一度言います(笑)

 

1Kです。収納一切なしです。

 

元々、事務所として構えていたところを無理やり住居化したので、こんな間取りです。

 

激狭です。

 

もう一度言います。1Kです(笑)

 

しかし、来客には広く感じるねとよく言われるので、意識してやっていることや、揃えた家具などを紹介したいと思います。


★3段ベッドを購入

 

そうなんです。3段ベッドです。こちら。

 

 


今まで2段ベッドの上を荷物置き場にして、下に布団を敷いていたのですが、3段ベッドを購入し、スペースを有効活用しています。

 

*ただし、天井の高さが低い場合、3段は一番上がきつくなるので天井の高さに気を付けましょう。

 

その場合は、3段目を荷物置き場とかにしてもいいかもしれませんね。

 

★机は必ず、折りたためるものを使用。

 

こんな感じですね。IKEA製品だともっと安く買えると思います。

 

 

★スチールラック 突っ張り式

 

我が家には、120cm幅突っ張り式のスチールラックが3つあります。

 

2つはキッチンに置いて、ダイニングとキッチンを区切るものとして使用。

 

もう1つは、ダイニングのテレビとおもちゃ置きなどにしてます。

 

スチールラックのいいところって、高さが自由に変えられて、家具みたいに重くなく、解体すれば楽々運べるところですよね。 

 

 

おわかりになると思いますが、3段ベッドないし、スチールラックを置いているので圧迫感はありますが、床に物は置いておりません。

 

なので、広く見えるという裏技?です。

 

とにもかくにも、床には物は置きません。

 

我が家の鉄則。

 

物を置いていると、お掃除ロボットが通れないもんで。

 

お掃除ロボットがきちんと通れるおうなお部屋にするのも、ポイントかもしれませんね。

5歳双子(発達障害あり)の夏休み計画表~穴場紹介あり~

子どもを持つママなら少し前から悩んでいるはず…。

 

『夏休みどこいこう…』

 

我が家の場合、混んでいる場所はNGです。子どもが待てないので…。

 

ではどこにいくのか…

 

考えうる最大限の手段を書いておこうと思います。

 

 

 

①お台場スポッチャ(穴場必見!!)

営業時間が、こちら。

月曜日〜木曜日 午前8:00〜翌朝6:00
金曜日・祝前日 午前8:00〜終日
土曜日 24時間営業
日曜日・祝日 〜翌朝6:00

 

 狙うは、午前8:00からの3時間パック。

 

意外に夏休みでも、8時から入っても、空いているので周りを気にせず楽しめます!!

 

(お盆はわかりませんが…)

 

【ラウンドワン】スポッチャ

 

幼稚園児でも沢山遊べるものがあり、嬉しい限り。

 

オススメです。

 

②よみうりランド ナイトプール

18:00~21:00までのプールです。

真夏には最適ですね!

スケジュールはこちら。

営業日カレンダー |プールWAI 東京 よみうりランド

 

 

③静岡県伊東市 『川奈ホテル』

お友達が、お勧めしてくれました。

 

お盆に行ったけど、貸し切りみたいだったと。

 

今年、予約してみようかなと思っています。(取れるかな…ドキドキ)

 

④屋上プール、近場の公園じゃぶじゃぶ池

我が家は、一応屋上があり小さいプールもおけるので普段の日はそれで我慢してもらって、私に余裕があれば、公園のじゃぶじゃぶ池に行こうかなって感じです。

 

他に都心でここがオススメとかあったら知りたいです(切実)。

子どもの行動に涙した理由とは…?

子どもの行動に涙した理由とは…?

時々子どもは、思いもよらない行動に出ますよね。

 

今日、それが我が家にも起こりました。

 

 f:id:syuhutago25:20190715223153j:plain

 

長女が今流行りの胃腸炎になったのか、嘔吐しました。

 

お布団シーツを取り換え、洗濯機を回し、次亜塩素酸ナトリウムで床をふきふき。

 

バタバタしていると、次女が冷蔵庫を開けて何かを取ろうとしていました。

 

構っていられないと思い、放置していると…

 

 

次女がコップ一杯の麦茶を長女に渡した( ;∀;)

 

吐いたあとは気持ち悪いかなと想像できたのかしら…。

 

え?うそでしょ?

 

と動揺しながらも、お礼を沢山言って、褒めちぎりました。

 

さらには…

 

自分のオモチャを持ってきて、「(長女)ちゃん、これで遊んでもいいよ」

 

とまで言ってきました( ;∀;)

 

涙腺崩壊( ;∀;)

 

でもね…気持ち悪いときは、極小レゴでは遊べないかな(笑)

 

次女の優しさに本当に感動した一日でした。