双子・発達障害児の育児ブログ

7歳双子(女女)育児中の専業主婦です。自閉症スペクトラム、知的障害の我が子達の様子や施設の口コミ、書評などのブログです。よろしくお願いします。

障害受容

子どもが障害を持っていた、凹凸を持っていた…

発覚した後、障害受容までに11の過程を踏む…と故・佐々木正美医師はおっしゃっています。

 

1,精神的打撃と麻痺の状態

愛する我が子の障害という衝撃のために、一時的に現実感覚が麻痺する状態に陥る。一種の防衛的な心理規制と考えられる。

 

2,否認

子どもの障害という事実の受容を拒否する。自分の子どもに障害があるはずはないという思いが強くなり、障害を否定することができるような事実にばかり注目して、障害を直視しない。診断を誤診であると信じ込もうとする。

 

3,パニック

時間の経過とともに、障害から目をそむけ続けることができなくなって、否認や拒否ができなくなる時期に来る。障害があるのかないのか、収拾がつかない状態になり、一種のパニックに陥る。

 

4,怒りと不当感

パニックというような混乱が徐々に収拾に向かってくると子どもの問題が正確に見えてくる。それと同時にやり場のない怒りや、自分たちの家族にだけ不当に不平等な苦しみを負わされたという現実に対する受け入れがたい不当感が実感される。

 

5,敵意とルサンチマン(恨み)

障害児を持たない家族などへの対象の不明確な嫉妬、羨望、敵意、恨みといった感情の処理に苦しむ。

 

6,罪意識

以上のような感情や心理状態の経過の中で、問題の直視が進み、気持ちが冷静さを取り戻す段階に入ると、外罰とか他罰的といわれる状態から、内罰とか自己罰的な気分への移行が始まり、罪責的な感情に支配される。障害のある子どもの出生に、親として明らかな過失や鯨飲など何もないのに、因果関係の不明なままの罪責感すなわち自責の念に苦しむ人も多い。(後略)

 

7,孤独感と抑うつ感情

悲嘆の感情を克服するための自然で健全な心理的過程である。

 

8,精神的混乱とアパシー(無欲、無関心)

孤独や抑うつと近縁の感情で、日常生活における目標を見失った空虚な気持ちに支配されて、何をしたらよいのかわからなくなったり、何もしたくない状態になる

 

9,あきらめから受容へ

本格的な回復から再生の始まりである。
「あきらめ」とは自分の置かれた状態を「明らかにする」ことで決して積極的な態度ではない。むしろ勇気を持って積極的に現実に直面するようになることである。

 

10,新しい希望、そしてユーモアと笑いの再発見

ユーモアと笑いは健康的な生活に欠かせぬ要素であって、その復活は、悲嘆の過程を乗り切った証しでもある。

 

11,新しいアイデンティティの誕生

苦悩に満ちた困難な過程を経て新しい価値観やより成熟した人格を持つものとして生まれ変わる

 

さて、今、あなたはどの段階にいますか?

将来は、10や11に辿りつくと信じて、今日を生きていきましょう。

 

 

参考:佐々木正美 児童精神医が語る 響き合う心を育てたい 岩崎学術出版社 2001