双子・発達障害児の育児ブログ

7歳双子育児中の専業主婦です。公立幼稚園→支援級→フリースクール。子どもの様子や発達障害についての情報を発信します。

【育児】子どもを甘やかしすぎ?厳しすぎ?と揺れ動くママ達へ

こんにちは、ゆうです。

 

今日は、1冊の本の紹介と、その本の引用から、自分が感じたことなどをお話したいと思います。自分もよく『これは甘いかなぁ…?』とか色々考えるのですが、その答えが見えたような気がしたので、ぜひシェアさせてください。

 

目次

この記事を書いている私はこんな人。

発達障害・知的障害を持つ小2の双子女子を育てる母。元言語聴覚士。年間100冊以上のビジネス書や教育本を読み、日々、子育てをしながら、子ども達が過ごしやすい環境作りに励む。ママが一番幸せになることで、巡り巡って家族が幸せになることを証明します。将来は、発達障害児を育てるママさんが救われる場所やツールを開発・起業したい。

2021.4~東京⇒田舎へ教育移住しました!旦那は東京、私+子どもは地方。2拠点で生活します!!発達障害児を育てる上での、教育移住についても発信していこうと思っています。

 

 

子どもを甘やかしすぎ?厳しすぎ?と揺れ動くママ達へ

f:id:syuhutago25:20200104070607p:plain

私から言いたいのは、その気持ちごと丸ごと正解なのだということ。

悩んでいることが良くないなんてことは絶対にありません。

悩んで、自分の中の気持ちを周りに相談したりしながら、自分の中の意見をまとめていく。そんな風にして、自分の『軸』が出来上がっていくのだと思います。

 

ですので、『〇〇さんがこう言ってたから』『〇〇っていう有名な人がこう言ってたから』ではなく、『〇〇という意見を聞いて、私もこういう経験があって、その通りだと同意したから、このやり方でいきたいと思う』と言う風に自分の言葉にしていくことが重要です。

 

悩んでいるママ達は、きっとどこかで『正解』を求めているのではないでしょうか?

そんなものは世界中探しても存在しません。

存在するとしたら、その家族の中にあるのではないかと思います。

家族の中にある…って考えることができたのならば、きっと『これから皆でやっていこう』と未来志向になれるのではないでしょうか。

 

将来に結びつかないどうでもいいようなこと

f:id:syuhutago25:20210609112944j:plain

我が子は先日、石を積んで遊んでいました。親からしたら、どこが楽しいんだろう…?と思える光景でした。

私達親は、今の子どもの行動を『子どもの将来』と結び付け勝ちではないでしょうか。

”あぁ、今、こういう行動してる。将来はこういうのもできるかしら…あーゆー職業とかどうかしら…”

きっと、そんな風に頭を巡らせている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私がそうでした。何か、子どもの行動に意味を持たせなかったのです。

 

 

しかし、今回読んだ本には、こんな風に書いてあります。

子どもというのはばかばかしいこと、無駄なことをやりたがるものだと思います。その行動にどんな意味があるのか、正しいかどうかは彼らにとって大切なことではありません。いや、そもそも意味や正しさなどということは、考えてすらないでしょう。

ばかばかしいことをするその時間が、子どもの自主性を育むためには必要なのではないでしょうか。

 

皆さんもきっと、『なんとなく好き』とか、『理由はないけど好き』と言えるものがありませんか?そういうものって、自然発生してきますよね?

誰に何を言われようと、誰かに何かを言われなくても、それが好きと言える。そういうものって忖度のない、制限のない環境で、生まれてきているのではないのかなと思うのです。

 

なかなか親自身が自分の好きを見つけられないなと思います。

私達世代は、縦の関係で育てられてきた人が多すぎるからだと私は思います。

 

縦の関係、ヨコの関係については、アドラーの心理学を学ぶと理解できます。

www.syuhutago25.com

 

書籍の紹介

今回、読んだ本はこちら。

ちゃんと失敗する子の育て方

ちゃんと失敗する子の育て方

 

以前から、Youtubeで高濱先生のチャンネルを見ていたのですが、今回本も読んでみました。これが全てとは思いませんが、共感できる箇所が沢山ありました。

 

ぜひ、お手に取ってみてください^^

 

まとめ

育児に正解はありません。あるとすれば、親子の数だけ正解があると思います。自分の中の軸を確立しながら、親子でヨコの関係を築いていけることを願います。

 

 

 

 

お子さんのサポートブックご準備なさっていますか?

発達障害を疑ったことがある、発達障害と診断されたなら、まずはお子さんのサポートブック(トリセツ)を作りましょう!

言語聴覚士という専門家だったから言えることがあります。それは、発達障害児のママがお子さんの問題点や長所を把握できているかできていないかで伸びが全く違う…。

しかし、なかなかお子さんの問題点って見えにくいですよね。しかも、日常生活でいっぱいいっぱいでそんなものを作る余裕もない…。

そんなあなたへ、簡単に作れる!

世界で1つの我が子サポートブックフォーマットを無料でプレゼントしています!

>>>詳しくはこちらをクリック<<<

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

↑クリック。

 


自閉症児育児ランキング

記事が参考になったと思ったら、押していただけると助かります。 

 

 

Twitterでは、子育て中の気づきやくすっと笑える日常を発信しています。

フォローいただけると嬉しいです。

ゆう@発達障がい児×双子ママ (@syuhutago25) on Twitter

 

ママは、いつでも100点満点!!今日も頑張りすぎずにいきましょう!